ホーム > アルバム > 8.559611 シエッラ:ピアノ三重奏曲第1番 - 第3番/幻想曲、ファンファーレ、アリアと永久運動ファンファーレ、アリアと永久運動(トリオ・アルボス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559611
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ロベルト・シエッラ Roberto Sierra
アーティスト
フアン・カルロス・ガルバヨ Juan Carlos Garvayo , トリオ・アルボス Trío Arbós , ミゲル・ボレゴ Miguel Borrego

シエッラ:ピアノ三重奏曲第1番 - 第3番/幻想曲、ファンファーレ、アリアと永久運動ファンファーレ、アリアと永久運動(トリオ・アルボス)

SIERRA, R.: Piano Trios Nos. 1-3 / Fanfarria, aria y movimiento perpetuo (Trio Arbos)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559611

全トラック選択/解除

ロベルト・シエッラ - Roberto Sierra (1953-)

**:**
ピアノ三重奏曲第1番 「熱帯のトリオ」

Piano Trio No. 1, "Trio tropical"

録音: 5-7 February 2009, Chamber Hall, Auditorio Nacional, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/376699
**:**
»  I. En do
1.

-

**:**
»  II. Habanera nocturna
2.

-

**:**
»  III. Intermezzo religioso y movimiento perpetuo
3.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲第2番

Piano Trio No. 2

録音: 5-7 February 2009, Chamber Hall, Auditorio Nacional, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/823287
**:**
»  I. Clave de mediodia
4.

-

**:**
»  II. Espejos
5.

-

**:**
»  III. Juego
6.

-

**:**
»  IV. Ritual
7.

-

 
**:**
ファンファーレ、アリアと永久運動
8.

Fanfarria, aria y movimiento perpetuo

録音: 5-7 February 2009, Chamber Hall, Auditorio Nacional, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/823288
 
**:**
ピアノ三重奏曲第3番 「ロマンティコ」

Piano Trio No. 3, "Romantico"

録音: 5-7 February 2009, Chamber Hall, Auditorio Nacional, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/823289
**:**
»  I. Con profunda expression
9.

-

**:**
»  II. Veloz
10.

-

**:**
»  III. Con gran sentimiento, como un "Bolero"
11.

-

**:**
»  III. Agitado
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/03/01
プエルトリコに生まれ、ドイツでリゲティに作曲を学んだシエッラ(1953-)の作品集です。NAXOSからは室内楽作品集(8.559263)と大規模なミサ曲「プロ・パーチェ」(8.559624)が既にリリースされていて、その独特な語り口が秘かな反響を呼んでいる作曲家です。この3つのピアノトリオは1991年から2008年に渡って書かれたもので、作曲家の「その時の感性」をくまなく表現した自信作です。現代的なテイストの中にラテンとジャズの影響がはっきり見てとれるのが特徴で、このアルバムも最初のトラックから衝撃的な音が炸裂します。コープランド生誕100周年の記念行事のために作曲されたトラック8も興味深い音の連続です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。