ホーム > アルバム > 8.559620 ドーマン:マンドリン協奏曲/ピッコロ協奏曲/コンチェルト・グロッソ/ピアノ・コンチェルティーノ(アヴィタル/カウフマン/アヴニ/メトロポリス・アンサンブル/シル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559620
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アヴナー・ドーマン Avner Dorman
アーティスト
アヴィ・アヴィタル Avi Avital , エリラン・アヴニ Eliran Avni , ミンディ・カウフマン Mindy Kaufman , ミハル・コールマン Michal Korman , アルノー・シュスマン Arnaud Sussmann , アンドリュー・シル Andrew Cyr , エリック・ナウリン Eric Nowlin , 濱田あや Aya Hamada , リリー・フランシス Lily Francis , メトロポリス・アンサンブル Metropolis Ensemble

ドーマン:マンドリン協奏曲/ピッコロ協奏曲/コンチェルト・グロッソ/ピアノ・コンチェルティーノ(アヴィタル/カウフマン/アヴニ/メトロポリス・アンサンブル/シル)

DORMAN, A.: Mandolin Concerto / Piccolo Concerto / Concerto Grosso / Piano Concerto(Avital, Kaufman, Avni, Metropolis Ensemble, Cyr)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559620

全トラック選択/解除

アヴナー・ドーマン - Avner Dorman (1975-)

**:**
マンドリン協奏曲

Mandolin Concerto

録音: 12, 13 October 2007, Suny Purchase, Purchase, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/369976
**:**
»  I. Adagio religioso - Allegro - Andante - Presto - Adagio - Andante
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Meno mosso - Adagio
3.

-

 
**:**
ピッコロ協奏曲

Piccolo Concerto

録音: 12, 13 October 2007, Suny Purchase, Purchase, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/369977
**:**
»  I. Allegro - groovy, serious, and dramatic
4.

-

**:**
»  II. Adagio cantabile
5.

-

**:**
»  III. Presto
6.

-

 
**:**
コンチェルト・グロッソ

Concerto Grosso

録音: 12, 13 October 2007, Suny Purchase, Purchase, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/369978
**:**
»  I. Adagio - Allegro dramatico - Adagio
7.

-

**:**
»  II. Presto
8.

-

**:**
»  III. Adagio
9.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲 イ長調

Piano Concerto in A Major

録音: 12, 13 October 2007, Suny Purchase, Purchase, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/369979
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Andante
11.

-

**:**
»  III. Presto
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1975年生まれのイスラエルの作曲家ドーマンは、ジュリアード音楽院でコリリアーノに学び博士号を取得、25歳の時に「イスラエルの最も重要な作曲家」として数々の賞を獲得しました。以来、メータ、オルソップ、シモーネ・ヤングなど多くの指揮者たちが彼の作品を演奏するなど、同世代の作曲家たちの中でも抜きんでた存在として知られています。このアルバムで聴ける様々な楽器による協奏曲は、彼が好む「バロック風のイディオム」の中に民族音楽やジャズ、ロックの風味を利かせたもの。明瞭なリズムと揺るぎない低音の上に築かれる哀愁ただようメロディが印象的なマンドリン協奏曲、躍動的かつ流麗なピッコロ協奏曲、多彩な音色がはじけるコンチェルト・グロッソ。快活なピアノ協奏曲と、どれもが印象的で親しみやすい風情を備えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。