ホーム > アルバム > 8.559648 セレブリエール:交響曲第1番/ヌーヴ/ヴァイオリン協奏曲「冬」(カー/クイント/マースディン/ボーンマス響/セレブリエール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559648
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ホセ・セレブリエール José Serebrier
作詞家
パーシー・ビッシュ・シェリー Percy Bysshe Shelley
アーティスト
ゲイリー・カー Gary Karr , サイモン・カロウ Simon Callow , マット・キング Matt King , フィリップ・クイント Philippe Quint , サーシャ・ジョンソン Sacha Johnson , ホセ・セレブリエール José Serebrier , デイヴィッド・デイリー David Daly , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , ボーンマス交響合唱団 Bournemouth Symphony Chorus , エレン・マースデン Ellen Marsden , ダンカン・リデル Duncan Riddell

セレブリエール:交響曲第1番/ヌーヴ/ヴァイオリン協奏曲「冬」(カー/クイント/マースディン/ボーンマス響/セレブリエール)

SEREBRIER, J.: Symphony No. 1 / Nueve / Violin Concerto, "Winter" (Callow, Karr, Quint, Bournemouth Symphony and Chorus, Serebrier)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559648

全トラック選択/解除

ホセ・セレブリエール - José Serebrier (1938-)

**:**
交響曲第1番
1.

Symphony No. 1

録音: 23-24 June 2009, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/403161
 
**:**
ヌーヴ
2.

Nueve

録音: 23-24 June 2009, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/537925
 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 「冬」
3.

Violin Concerto, "Winter"

録音: 23-24 June 2009, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/537926
 
**:**
タンゴ・イン・ブルー
4.

Tango en Azul (Tango in Blue)

録音: 23-24 June 2009, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/537927
 
**:**
オールモスト・ア・タンゴ
5.

Casi un Tango (Almost a Tango)

録音: 23-24 June 2009, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/537928
 
**:**
ゼイ・ロード・イントゥ・ザ・サンセット 「架空の映画のための音楽」
6.

They Rode Into the Sunset, "Music for an Imaginary Film"

録音: 23-24 June 2009, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/537929
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/09/01
ウルグアイ出身の作曲家=指揮者セレブリエール。彼の自作自演集も第3集となりました。このアルバムに収録された第1番の交響曲は、彼が18歳の時の作品。当時、故郷ウルグアイで青年オーケストラを率いていた頃の意欲的な表現が垣間見えます。彼自身の言葉によれば、「1960年代と70年代では作曲スタイルの変化こそあれ、そこに込められたメッセージは同じ」とのことですが、確かに様々な年代に書かれた作品を並べて聴いてみると、その根底に横たわるのは感傷的な心と、濃厚な大気の香り、そして情熱的なリズムでしょうか。第1集(8.559183)と第2集(8.559303)もご一緒にいかがでしょうか?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。