ホーム > アルバム > 8.559666 コーツ:弦楽四重奏曲第9番/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ/抒情組曲(クロイツェル四重奏団/チャドウィック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559666
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
グロリア・コーツ Gloria Coates
アーティスト
クロイツェル四重奏団 Kreutzer Quartet , ピーター・シェパード・スケアヴェズ Peter Sheppard Skærved , ロデリック・チャドウィック Roderick Chadwick , ネイル・ヘイド Neil Heyde

コーツ:弦楽四重奏曲第9番/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ/抒情組曲(クロイツェル四重奏団/チャドウィック)

COATES, G.: String Quartet No. 9 / Solo Violin Sonata / Lyric Suite (Kreutzer Quartet, Chadwick)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559666

全トラック選択/解除

グロリア・コーツ - Gloria Coates (1938-)

**:**
弦楽四重奏曲第9番

String Quartet No. 9

録音: 13 June 2008, Saint Peter Art Center Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/387163
**:**
»  I. Fluendo espressivo
1.

-

**:**
»  II. Moderato
2.

-

 
**:**
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ

Violin Solo Sonata

録音: 13 June 2008, Saint Peter Art Center Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/387164
**:**
»  I. Prelude
3.

-

**:**
»  II. Fantasia
4.

-

**:**
»  III. Berceuse
5.

-

**:**
»  IV. Hornpipe
6.

-

 
**:**
抒情組曲

Lyric Suite, "Split the Lark - and you'll find the Music"

録音: 29 March 2009, Duke's Hall, Royal Academy of Music, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/387166
**:**
»  I. Bells in Steeples
7.

-

**:**
»  II. An Amethyst Remembrance
8.

-

**:**
»  III. Split the Lark - and you'll find the Music
9.

-

**:**
»  IV. The Heart Within
10.

-

**:**
»  V. Noon - is the Hinge of Day
11.

-

**:**
»  VI. A wind with fingers
12.

-

**:**
»  VII. Evening - the Tissue Door
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/09/01
交響曲の作曲家として良く知られるアメリカの女性作曲家、グロリア・コーツ。彼女の作風はとにかく個性的で、至るところに出現する上昇するグリッサンド(音を滑らすように移動する)と、時々挟みこまれる親しげなメロディが、まるで悪夢のように耳を掠めるのです。もちろんここに収録されている弦楽四重奏曲も例外ではなく、低弦で繰り返される分散和音を彩る、鳥のさえずりのようなヴァイオリンの音色は一度聴いたら忘れることはないでしょう。対する「ヴァイオリン・ソナタ」は幾分古典的な佇まいを見せる禁欲的な曲。弦の限界に挑むかのような孤高の響きがたまりません。エミリー・ディキンソンの詩の一節をタイトルにした「ピアノ三重奏曲」は、タイトル通り抒情的な曲。とはいえ、美しい響きの中に、さりげなく四分音を紛れ込ませてくるところが彼女流。調子の狂ったような弦楽器の響きをご堪能ください。体が拒否しても脳が陶酔するという「二日酔い」のような気分になれること請け合いです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。