ホーム > アルバム > 8.559683 打楽器のためのアメリカ作品集 1 (ニューイングランド音楽院パーカッション・アンサンブル/エプステイン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559683
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
フェリシア・サンドラー Felicia Sandler , ガンサー・シュラー Gunther Schuller , ジョーン・タワー Joan Tower , ジェニファー・ヒグドン Jennifer Higdon , ロバート・ゼイビア・ロドリゲス Robert Xavier Rodriguez
アーティスト
フランク・エプステイン Frank Epstein , ガンサー・シュラー Gunther Schuller , ニューイングランド音楽院パーカッション・アンサンブル New England Conservatory Percussion Ensemble

打楽器のためのアメリカ作品集 1 (ニューイングランド音楽院パーカッション・アンサンブル/エプステイン)

American Music for Percussion, Vol. 1 (New England Conservatory Percussion Ensemble, Epstein)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559683

全トラック選択/解除

ジョーン・タワー - Joan Tower (1938-)

**:**
DNA
1.
録音: 24 January 2004, Jordan Hall at the New England Conservatory of Music, Boston, Massachusetts, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/532687

フェリシア・サンドラー - Felicia Sandler (1961-)

**:**
プリング・ラディッシュ
2.

Pulling Radishes

録音: 4 April 2008, Jordan Hall at the New England Conservatory of Music, Boston, Massachusetts, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/923519

ジェニファー・ヒグドン - Jennifer Higdon (1962-)

**:**
スプレンディド・ウッド
3.

Splendid Wood

録音: 26 April 2007, Jordan Hall at the New England Conservatory of Music, Boston, Massachusetts, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/923520

ロバート・ゼイビア・ロドリゲス - Robert Xavier Rodriguez (1946-)

**:**
死者の日
4.

El dia de los Muertos

録音: 4 May 2007, Jordan Hall at the New England Conservatory of Music, Boston, Massachusetts, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/923521

ガンサー・シュラー - Gunther Schuller (1925-2015)

**:**
打楽器と鍵盤のための大協奏曲

Grand Concerto for Percussion and Keyboards

録音: 9 December 2005, Jordan Hall at the New England Conservatory of Music, Boston, Massachusetts, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/923522
**:**
»  I. Slow accelerating to fast
5.

-

**:**
»  II. Slow
6.

-

**:**
»  III. Fast, a Scherzo
7.

-

**:**
»  IV. Introduction (cadenza-like) - Allegro (Perpetuum Mobile)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
現代のアメリカの5人の作曲家による、独創的で変わった音色を持つ打楽器のための作品集です。タワーの「DNA」はパーカッション・クィンテットと、全ての生命体の素材のために書かれています。美しい二重螺旋で描かれる優雅な形をしたデオキシリボ核酸を音で描くとは何と斬新な試みでしょう?サンドラーの「大根引き」はご存知、一茶の「大根引き大根で道を教えけり」の句からインスピレーションを受けています。俳句の持つ凝縮された世界が音で描かれています。マリンバの巧みな音色で森の風景を描く素晴らしい樹木」、死者の魂が現世に戻り、親しい人とはしゃぎまわる様子を描いた「死者の日」、そしてシュラーの大作はハープ、ピアノ、チェレスタと100以上もの打楽器のために書かれた「協奏曲」。本当に多彩な響きをお楽しみいただけることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。