ホーム > アルバム > 8.559690 スーザ:吹奏楽のための作品集 11 (王立スウェーデン海軍バンド/ブライオン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559690
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
吹奏楽
作曲家
ジョン・フィリップ・スーザ John Philip Sousa
編曲者
ローラス・シッセル Loras Schissel , キース・ブライオン Keith Brion , マーク・ロジャース Mark Rogers
アーティスト
キース・ブライオン Keith Brion , 王立スウェーデン海軍バンド Royal Swedish Navy Band

スーザ:吹奏楽のための作品集 11 (王立スウェーデン海軍バンド/ブライオン)

SOUSA, J.P.: Music for Wind Band, Vol. 11 (Royal Swedish Navy Band, Brion)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559690

全トラック選択/解除

ジョン・フィリップ・スーザ - John Philip Sousa (1854-1932)

**:**
行進曲 「マザー・ハバード」(K. ブライオンによる吹奏楽編)
1.

Mother Hubbard March (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2407429
 
**:**
行進曲 「合衆国と歩調をそろえて」(K. ブライオンによる吹奏楽編)
2.

Keeping Step With the Union March (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528877
 
**:**
イン・パーラー・アンド・ストリート・ファンタジー(K. ブライオンによる吹奏楽編)
3.

In Parlor and Street Fantasy (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528878
 
**:**
行進曲 「ウルヴァリン」(L. シッセルによる吹奏楽編)
4.

Wolverine March (arr. L. Schissel for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528879
 
**:**
地球と鷲(M. ロジャースによる吹奏楽編)
5.

Globe and Eagle March (arr. M. Rogers for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528880
 
**:**
イン・パルピット・アンド・ピュウ・ファンタジー(K. ブライオンによる吹奏楽編)
6.

In Pulpit and Pew Fantasy (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528881
 
**:**
行進曲 「オン・パレード」(K. ブライオンによる吹奏楽編)
7.

On Parade March (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528882
 
**:**
序曲 「タリー・ホー!」(K. ブライオンによる吹奏楽編)
8.

Tally-Ho! Overture (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528883
 
**:**
行進曲 「我ら進撃中」(L. シッセルによる吹奏楽編)
9.

We Are Coming March (arr. L. Schissel for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528884
 
**:**
行進曲 「リバティ・ローン」(K. ブライオンによる吹奏楽編)
10.

Liberty Loan March (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528885
 
**:**
行進曲 「ナショナル・フェンスィブル」(K. ブライオンによる吹奏楽編)
11.

National Fencibles March (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528886
 
**:**
行進曲 「ガイド・ライト」(L. シッセルによる吹奏楽編)
12.

Guide Right March (arr. L. Schissel for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528887
 
**:**
ユーアー・ザ・フラワー・オブ・マイ・ハート - スウィート・アデリーヌ(K. ブライオンによる吹奏楽編)
13.

You're the Flower of my Heart - Sweet Adeline Fantasy (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528888
 
**:**
行進曲 「ボニー・アニー・ローリー」(K. ブライオンによる吹奏楽編)
14.

Bonnie Annie Laurie March (arr. K. Brion for wind band)

録音: 27-29 September 2010, The Admiralty Church (Ulrica Pia), Karlskrona, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2528889
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/12/01
大人気シリーズ、スーザのマーチ集です。今回もパワーに満ち溢れた14曲があなたをお待ちしております。もちろんどれもが魅力的なことは言うまでもありません。愛国心に溢れた曲もあり、ちょっと面白い曲もあり、どこから聴いても楽しさ満載です。例えばトラック10の「リバティ・ローン」は、第1次世界大戦中に販売された米国債の名前で、曲中では「自由」を表現する鐘の音が使われていますが、これが大好評で、なんと初期のビクター盤が40万枚も売れたのだとか。収録曲で一番長い「パーラーとストリート」幻想曲はオペラやオペレッタの名曲がコラージュされたもので、途中で聴いたことがあるメロディが次々と現れます。またトラック14はタイトル通り、有名な民謡がモチーフとして使われています。ブライオン率いる王立スウェーデン海軍バンドは、いつもの通り冴えた演奏を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。