ホーム > アルバム > 8.559696-97 ヘルプス:ピアノを伴う室内楽作品集 - ピアノ三重奏曲/ピアノ四重奏曲/五重奏曲/二重奏曲(ヘルプス/アトス三重奏団/シュペクトラム・コンチェルト・ベルリン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559696-97
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ジョン・アイアランド John Ireland , レオポルド・ゴドフスキー Leopold Godowsky , フランシス・プーランク Francis Poulenc , ロバート・ヘルプス Robert Helps , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
編曲者
ロバート・ヘルプス Robert Helps
アーティスト
アトス三重奏団 ATOS Trio , スペクトラム・コンサーツ・ベルリン Spectrum Concerts Berlin , フランク S.・ダッジ Frank S. Dodge , ナオミ・ニスカラ Naomi Niskala , アネット・フォン・ヘーン Annette von Hehn , ロバート・ヘルプス Robert Helps , トマス・ホッペ Thomas Hoppe

ヘルプス:ピアノを伴う室内楽作品集 - ピアノ三重奏曲/ピアノ四重奏曲/五重奏曲/二重奏曲(ヘルプス/アトス三重奏団/シュペクトラム・コンチェルト・ベルリン)

HELPS, R.: Chamber Music with Piano - Piano Trios / Piano Quartet / Quintet / Duo (Helps in Berlin) (Helps, Atos Trio, Spectrum Concerts Berlin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559696-97

全トラック選択/解除

Disc 1

ロバート・ヘルプス - Robert Helps (1928-2001)

**:**
後奏曲
1.

Postlude

録音: 21-23 June 2010, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1157477
 
**:**
幻想曲
2.

Fantasy

録音: 21-23 June 2010, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200023
 
**:**
ピアノ四重奏曲

Piano Quartet

録音: 21-23 June 2010, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200024
**:**
»  I. Prelude
3.

-

**:**
»  II. Intermezzo
4.

-

**:**
»  III. Scherzo
5.

-

**:**
»  IV. Postlude
6.

-

**:**
»  V. Coda - The Players Gossip
7.

-

 
**:**
二重奏曲
8.

Duo

録音: 21-23 June 2010, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200025
 
**:**
五重奏曲

Quintet

録音: 21-23 June 2010, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200026
**:**
»  I. Moving
9.

-

**:**
»  II. Relentlessly (without inflection)
10.

-

**:**
»  III. Dolce e legato
11.

-

Disc 2

ロバート・ヘルプス - Robert Helps (1928-2001)

**:**
ピアノ三重奏曲第1番

Piano Trio No. 1

録音: 24 June 2010, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200027
**:**
»  I. Mesto
1.

-

**:**
»  II. Molto marcato - Molto allegro
2.

-

**:**
»  III. Maestoso
3.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲第2番

Piano Trio No. 2

録音: 24 June 2010, Siemens Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200028
**:**
»  I. Duets: Allegro
4.

-

**:**
»  II. Horizons: Austere, but intense
5.

-

**:**
»  III. Toccata frustrata
6.

-

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
6つのリート Op. 71 - 第4曲 葦の歌(R. ヘルプスによるピアノ編)
7.

6 Lieder, Op. 71: No. 4. Schilflied (arr. R. Helps for piano)

録音: 5 November 1997, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200029

ジョン・アイアランド - John Ireland (1879-1962)

**:**
ラヴ・イズ・シックネス・フル・オブ・ウォウ(R. ヘルプスによるピアノ編)
8.

Love is a Sickness Full of Woes (arr. R. Helps for piano)

録音: 5 November 1997, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200030

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
間奏曲 変イ長調 FP 118
9.

Intermezzo in A-Flat Major, FP 118

録音: 5 November 1997, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200031

レオポルド・ゴドフスキー - Leopold Godowsky (1870-1938)

**:**
ショパンのエチュードによる53の練習曲(抜粋)

53 Studies on the Chopin etudes (excerpts)

録音: 5 November 1997, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200032
**:**
»  No. 45 in E Major (1st version on Chopin's Nouvelle Etude No. 2)
10.

-

**:**
»  No. 12 in G-Flat Major (6th version on Chopin's Op. 10, No. 5)
11.

-

ロバート・ヘルプス - Robert Helps (1928-2001)

**:**
シャル・ウィー・ダンス
12.

Shall We Dance

録音: 6 November 2000, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200033

ジョン・アイアランド - John Ireland (1879-1962)

**:**
暮れなずむ谷間
13.

The Darkened Valley

録音: 6 November 2000, Kammermusiksaal der Philharmonie, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1200034
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/10/01
アメリカの作曲家、ピアニスト、ロバート・ヘルプス。この2枚組では彼の作品とピアノ演奏の両面を味わえます。コロンビア大学からカリフォルニア大学に転学し、卒業後ジュリアード音楽院ピアノ科でも学んだヘルプスは、1950年代から作曲家として注目され、多くの作品を書き始めます。なかでもピアノを使った作品に重きを置き、2つの協奏曲を始め、室内楽や独奏曲を作曲しています。彼の作品は独特の叙情性を帯び、また無調と調性音楽の橋渡しをするものとしても評価されています。CD2の7-13は彼のベルリンでのコンサートを収録したもので、これを聴くと、彼がなかなか腕の立つピアニストであり、曲の解釈にも一工夫あったことがわかるというものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。