ホーム > アルバム > 8.559758 コープランド:ロデオ/ダンス・パネルズ/エル・サロン・メヒコ/キューバ舞曲(デトロイト響/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559758
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
アーロン・コープランド Aaron Copland
アーティスト
レナード・スラットキン Leonard Slatkin , デトロイト交響楽団 Detroit Symphony Orchestra

コープランド:ロデオ/ダンス・パネルズ/エル・サロン・メヒコ/キューバ舞曲(デトロイト響/スラットキン)

COPLAND, A.: Rodeo / Dance Panels / El salon Mexico / Danzon cubano (Detroit Symphony, Slatkin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559758

全トラック選択/解除

アーロン・コープランド - Aaron Copland (1900-1990)

**:**
ロデオ(バレエ全曲)

Rodeo

録音: 9-11 November 2012, Orchestra Hall, Max M. Fisher Music Center, Detroit, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3028646
**:**
»  I. Buckaroo Holiday
1.

-

**:**
»  II. Corral Nocturne
2.

-

**:**
»  III. Ranch House Party
3.

-

**:**
»  IV. Saturday Night Waltz
4.

-

**:**
»  V. Hoe Down
5.

-

 
**:**
ダンス・パネルズ

Dance Panels

録音: 12-14 October 2012, Orchestra Hall, Max M. Fisher Music Center, Detroit, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3028729
**:**
»  I. Introduction: Moderato (Tempo di valzer) - Espressivo un poco rubato
6.

-

**:**
»  II. Allegretto con tenerezza (Un poco rubato)
7.

-

**:**
»  III. Scherzando - Moderato
8.

-

**:**
»  IV. Pas de trois: Lento
9.

-

**:**
»  V. Con brio
10.

-

**:**
»  VI. Con moto
11.

-

**:**
»  VII. Molto ritmico - Coda - Come prima - Moderato
12.

-

 
**:**
エル・サロン・メヒコ
13.

El salon Mexico

録音: 12-14 October 2012, Orchestra Hall, Max M. Fisher Music Center, Detroit, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3028730
 
**:**
キューバ舞曲
14.

Danzon cubano

録音: 12-14 October 2012, Orchestra Hall, Max M. Fisher Music Center, Detroit, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3028731
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/03/02
あまりにもカッコいい演奏なので、これらの曲の演奏がとても難しいということを一瞬忘れそうになってしまう、スラットキンのコープランド(1900-1990)作品集です。誰もが知っているロデオからの「4つのエピソード」を始め、すばらしい出来なのにあまり知られていない「ダンス・パネル」、複雑なリズムが交錯する「キューバ組曲」、そして(ノリノリの演奏の場合のみ)狂乱の熱狂をもたらす「エル・サロン・メヒコ」。これらはちょっとでもリズム感が狂ったものなら、たちまちダサい音楽へと転落してしまうという、実に気難しい作品群なのです。これらを颯爽をさばいていくスラットキンとデトロイト交響楽団の勇姿は、まるで荒馬を易々と乗りこなすカウボーイの如く。これぞまさしく「真のアメリカ音楽」です!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。