ホーム > アルバム > 8.559766 グラス:弦楽四重奏曲第5番/ドラキュラ(抜粋)/弦楽六重奏曲(カードゥッチ弦楽四重奏団/オディル/ローズフィールド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559766
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
映画音楽, 室内楽
作曲家
フィリップ・グラス Philip Glass
編曲者
マイケル・リーズマン Michael Riesman
アーティスト
キーン・オディル Cian O'Duill , カルドゥッチ弦楽四重奏団 Carducci String Quartet , ジェンマ・ローズフィールド Gemma Rosefield

グラス:弦楽四重奏曲第5番/ドラキュラ(抜粋)/弦楽六重奏曲(カードゥッチ弦楽四重奏団/オディル/ローズフィールド)

GLASS, P.: String Quartet No. 5 / Dracula (excerpts) / String Sextet (Carducci String Quartet, O'Duill, Rosefield)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559766

全トラック選択/解除

フィリップ・グラス - Philip Glass (1937-)

**:**
弦楽四重奏曲第5番

String Quartet No. 5

録音: 14-15 December 2013, Highnam Church, Highnam, Gloucestershire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4211413
**:**
»  I. —
1.

-

**:**
»  II. —
2.

-

**:**
»  III. —
3.

-

**:**
»  IV. —
4.

-

**:**
»  V. —
5.

-

 
**:**
ドラキュラ(抜粋)

Dracula (excerpts)

録音: 14-15 December 2013, Highnam Church, Highnam, Gloucestershire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4331288
**:**
»  Titles
6.

-

**:**
»  Journey to the Inn
7.

-

**:**
»  Excellent Mr. Renfield
8.

-

**:**
»  The Storm
9.

-

**:**
»  In the Theatre
10.

-

**:**
»  Woman in White
11.

-

**:**
»  Dr. Van Helsing and Dracula
12.

-

**:**
»  The End of Dracula
13.

-

 
**:**
弦楽六重奏曲 (M. ライズマンによる交響曲第3番からの編曲)

String Sextet (arr. M. Riesman from Symphony No. 3)

録音: 14-15 December 2013, Highnam Church, Highnam, Gloucestershire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4331289
**:**
»  I. —
14.

-

**:**
»  II. —
15.

-

**:**
»  III. —
16.

-

**:**
»  IV. —
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/08/01
変幻自在でありながらも、幾分、強迫観念的な響きを持つフィリップ・グラス(1937-)の音楽。一度はまると容易には抜け出せないほどの麻薬的な魅力があり、多くの人々がその虜になっています。第1番から第4番の四重奏曲の演奏(8.559636)で高く評価されたカードゥッチ弦楽四重奏団によるこのアルバムでは、伝統的な形式のなかに特有のミニマリズムを内包した「第5番」の四重奏曲と、1931年に製作されたサイレント映画「魔人ドラキュラ」のためにグラスが作曲したサウンド・トラックからの組曲版、そして本来は弦楽合奏のために書かれた「交響曲第3番」をライズマンが六重奏版に編曲したという3つの作品が収録されています。背筋がぞわぞわするような恐怖を覚える「ドラキュラ」のための音楽もそうですが、全体的に美しさが際立つ「交響曲第3番」はミニマル・ミュージックの頂点を極めたものと言えるのではないでしょうか?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。