ホーム > アルバム > 8.559806 コープランド:バレエ音楽「アパラチアの春」/バレエ音楽「聞け!汝ら!」(デトロイト響/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559806
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
アーロン・コープランド Aaron Copland
アーティスト
レナード・スラットキン Leonard Slatkin , デトロイト交響楽団 Detroit Symphony Orchestra

コープランド:バレエ音楽「アパラチアの春」/バレエ音楽「聞け!汝ら!」(デトロイト響/スラットキン)

COPLAND, A.: Appalachian Spring / Hear Ye! Hear Ye! (Detroit Symphony, Slatkin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559806

全トラック選択/解除

アーロン・コープランド - Aaron Copland (1900-1990)

**:**
バレエ音楽「聞け!汝ら!」

Hear Ye! Hear Ye!

録音: 4-7 December 2013, Orchestra Hall, Max M. and Marjorie S. Fisher Music Center, Detroit, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4959121
**:**
»  Scene 1: Prelude
1.

-

**:**
»  Scene 2: The Courtroom
2.

-

**:**
»  Scene 3: Dance
3.

-

**:**
»  Scene 4
4.

-

**:**
»  Scene 5: The Night-Club Hostess Sworn In
5.

-

**:**
»  Scene 6: The Chorus Girls' First Dance
6.

-

**:**
»  Scene 7: First Pas-de-deux
7.

-

**:**
»  Scene 8: Pas-de-deux Continued - First Murder
8.

-

**:**
»  Scene 9: The Courtroom
9.

-

**:**
»  Scene 10: The Honeymoon Couple
10.

-

**:**
»  Scene 11: The Chorus Girls Dance with Doves
11.

-

**:**
»  Scene 12: Second Pas-de-deux and Murder
12.

-

**:**
»  Scene 13: The Courtroom
13.

-

**:**
»  Scene 14: The Waiter Sworn In
14.

-

**:**
»  Scene 15: The Chorus Girls' Third Dance
15.

-

**:**
»  Scene 16: Third Pas-de-deux and Murder
16.

-

**:**
»  Scene 17: The Verdict
17.

-

**:**
»  Scene 18: The Courtroom
18.

-

 
**:**
バレエ音楽「アパラチアの春」
19.

Appalachian Spring

録音: 14-18 May 2014, Orchestra Hall, Max M. and Marjorie S. Fisher Music Center, Detroit, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4968648
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/07/01
コープランド(1900-1990)の珍しいバレエ「聞け!汝ら!」。この作品は、才能ある女性ダンサー、ルース・ページ(1899-1991)のために書かれました。ルース・ページは1925年にアメリカ人ダンサーとして初めてディアギレフのバレエ・リュスで踊り、コープランドを含めた当時のアメリカの作曲家たちは、彼女のために競って曲を書くなど、20世紀アメリカのバレエ・ダンスの発展に寄与した人です。「聞け!汝ら!」は地元のナイトクラブで発生した殺人事件を裁く法廷を舞台とした奇妙なお話で、目撃者はホステス、ウェイター、その時店にいた新婚夫婦。各々の食い違う証言から犯人を導き出すまでがバレエで描かれていきます。同時収録の「アパラチアの春」はコープランドの最も有名な作品の一つ。1800年代のペンシルベニア州で、アメリカ開拓民達が新しいファームハウスを建てた後の春の祝典を描写したバレエで、タイトルはストーリーに直接の関係がないことでも知られているユニークな作品でもあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。