ホーム > アルバム > 8.559821 ノヴァコフスキ:ブラッド、フォーゴットゥン/弦楽四重奏曲第1番, 第2番/私のために眠れ、眠れ(オンドラチェク=ピーターソン/ヴォクサーレ弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559821
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
マーク・ノヴァコフスキ Mark Nowakowski
アーティスト
ヴォクサーレ弦楽四重奏団 Voxare String Quartet , エミリー・オンドラチェク=ピーターソン Emily Ondracek-Peterson , マーク・ノヴァコフスキ Mark Nowakowski

ノヴァコフスキ:ブラッド、フォーゴットゥン/弦楽四重奏曲第1番, 第2番/私のために眠れ、眠れ(オンドラチェク=ピーターソン/ヴォクサーレ弦楽四重奏団)

NOWAKOWSKI, M.: Blood, Forgotten / String Quartets Nos. 1 and 2 / A Uśnijże mi, uśnij (Ondracek-Peterson, Voxare String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559821

全トラック選択/解除

マーク・ノヴァコフスキ - Mark Nowakowski (1978-)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 「赦しの歌」

String Quartet No. 1, "Songs of Forgiveness"

録音: 3-4 February 2013, Dekelboum Concert Hall, University of Maryland, Maryland, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5577532
**:**
»  I. Unmoved Movement
1.

-

**:**
»  II. …So Soon to Leave
2.

-

 
**:**
ブラッド、フォーゲットゥン
3.

Blood, Forgotten

録音: 3-4 February 2013, Dekelboum Concert Hall, University of Maryland, Maryland, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5682066
 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 「祖父の歌」
4.

String Quartet No. 2, "Grandfather Songs"

録音: 3-4 February 2013, Dekelboum Concert Hall, University of Maryland, Maryland, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5682067
 
**:**
私のために眠れ、眠れ
5.

A Uśnijże mi, uśnij (Lullaby: O Sleep for me, sleep)

録音: 3-4 February 2013, Dekelboum Concert Hall, University of Maryland, Maryland, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5682068
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/04/01
過去3世紀に渡って、ポーランドの人々は酷い迫害を受けて来ました。20世紀になってもそれは変わらず、第二次世界大戦における残虐行為、半世紀も続いた共産主義の支配…しかし彼らは屈することなく、悲劇の後にもたくさんの美しい芸術を生み出しています。ポーランド系アメリカ人作曲家ノヴァコフスキはもともとポーランドのホロコースト犠牲者のための音楽を書き、これらの事実を広く知らしめるための活動を行っていた人で、アルバム・タイトルの「Blood, Forgotten 」にも戦争の恐ろしさがありありと描かれています。その後、彼は2008年の夏、クラクフのサマーアカデミーで大作曲家ヘンリク・グレツキと会い、彼の生涯に大きな感銘を受けました。アメリカに戻ったノヴァコフスキはすぐさま弦楽四重奏曲第1番「赦しの歌」を書き上げます。そして2010年、グレツキの訃報を受け取ったノヴァコフスキは自身の弦楽四重奏曲第2番「祖父の歌」をグレツキの思い出に捧げました。最後に置かれた「子守歌」は希望と新しい命への想いが描かれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。