ホーム > アルバム > 8.559836 ラッグルス/スタッキー/ハービソン:管弦楽作品集(ナショナル・オーケストラ・インスティトゥート・フィルハーモニック/ミラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.559836
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
スティーヴン・スタッキー Steven Stucky , ジョン・ハービソン John Harbison , カール・ラッグルズ Carl Ruggles
アーティスト
ナショナル・オーケストラ・インスティトゥート・フィルハーモニック National Orchestral Institute Philharmonic , デイヴィッド・アラン・ミラー David Alan Miller

ラッグルス/スタッキー/ハービソン:管弦楽作品集(ナショナル・オーケストラ・インスティトゥート・フィルハーモニック/ミラー)

Orchestral Music - RUGGLES, C. / STUCKY, S. / HARBISON, J. (National Orchestral Institute Philharmonic, D.A. Miller)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559836

全トラック選択/解除

カール・ラッグルズ - Carl Ruggles (1876-1971)

**:**
交響詩 「太陽を踏む者」
1.

Sun-treader

録音: 15-17 June 2017, The Clarice Smith Performing Arts Center, Elsie & Marvin Dekelboum Concert Hall, University of Maryland, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6422788

スティーヴン・スタッキー - Steven Stucky (1949-2016)

**:**
管弦楽のための協奏曲第2番

Concerto for Orchestra No. 2

録音: 15-17 June 2017, The Clarice Smith Performing Arts Center, Elsie & Marvin Dekelboum Concert Hall, University of Maryland, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6422789
**:**
»  I. Overture (with friends)
2.

-

**:**
»  II. Variations
3.

-

**:**
»  III. Finale
4.

-

ジョン・ハービソン - John Harbison (1938-)

**:**
交響曲第4番

Symphony No. 4

録音: 15-17 June 2017, The Clarice Smith Performing Arts Center, Elsie & Marvin Dekelboum Concert Hall, University of Maryland, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6422790
**:**
»  I. Fanfare
5.

-

**:**
»  II. Intermezzo
6.

-

**:**
»  III. Scherzo
7.

-

**:**
»  IV. Threnody
8.

-

**:**
»  V. Finale
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/04/01
毎年6月にメリーランド大学で開催するコンサートのために、世界中から厳しいオーディションを経て集められた音楽家たちのアンサンブル「ナショナル・オーケストラ・インスティトゥート・フィルハーモニック」。これまでにNAXOSからは2015年の演奏(8.559782)と2016年の演奏(8.559822)がリリースされており、こちらが2017年の3枚目のアルバムとなります。今回の演奏会で選ばれたのは、近現代アメリカを代表する3人の作曲家の作品。なかでもラッグルズは生涯に完成させた作品が10曲という寡作な人で、この演奏はとても貴重です。15分ほどの凝縮された時間の中に、膨大な音符が書き込まれた複雑な総譜は、演奏困難ですが、このオーケストラは完璧な音を作り上げています。スタッキーの協奏曲は、作曲家とロサンゼルス・フィルとの緊密な関係から生まれた作品。音によるアナグラムなど様々な仕掛けが施されています。ハービソンの交響曲はシアトル交響楽団の委嘱作。ジャズ風のテイストも備えた作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。