ホーム > アルバム > 8.559841 ハービソン:レクイエム(リヴェラ/マルテンス/ファン/マークグラーフ/ナッシュヴィル交響合唱団&管弦楽団/ゲレーロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.559841
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジョン・ハービソン John Harbison
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ジャンカルロ・ゲレーロ Giancarlo Guerrero , ナッシュヴィル交響楽団 Nashville Symphony Orchestra , ナッシュヴィル交響合唱団 Nashville Symphony Chorus , ニコラス・ファン Nicholas Phan , ケリー・マークグラフ Kelly Markgraf , ミカエラ・マルテンス Michaela Martens , ジェシカ・リヴェラ Jessica Rivera

ハービソン:レクイエム(リヴェラ/マルテンス/ファン/マークグラーフ/ナッシュヴィル交響合唱団&管弦楽団/ゲレーロ)

HARBISON, J.: Requiem (Rivera, Martens, Phan, Markgraf, Nashville Symphony Chorus and Orchestra, Guerrero)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559841

全トラック選択/解除

ジョン・ハービソン - John Harbison (1938-)

**:**
レクイエム

Requiem

録音: 12-13 May 2017, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Tennessee, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6628345
**:**
»  Part I: Introit
1.

-

**:**
»  Part I: Sequence I: Dies irae
2.

-

**:**
»  Part I: Sequence II: Tuba mirum
3.

-

**:**
»  Part I: Sequence III: Liber scriptus
4.

-

**:**
»  Part I: Sequence IV: Quid sum miser
5.

-

**:**
»  Part I: Sequence V: Recordare
6.

-

**:**
»  Part I: Sequence VI: Confutatis - Lacrymosa
7.

-

**:**
»  Part II: Offertorium
8.

-

**:**
»  Part II: Sanctus
9.

-

**:**
»  Part II: Agnus Dei
10.

-

**:**
»  Part II: Lux aeterna
11.

-

**:**
»  Part II: Libera me
12.

-

**:**
»  Part II: In paradisum
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
1987年にピューリッツァー賞を受賞し、世界的知名度を獲得したアメリカの作曲家ジョン・ハービソン。独特の芸術的信条を持つことで知られ、これまでにも「ヨハネ・パウロ二世即位25周年を記念する和解のコンサート」の作品を委嘱されるなど、宗教音楽の分野でも素晴らしい作品を書いています。この「レクイエム」は2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件の直後に着手され、翌年3月に完成しています。ただし、構想自体は早い時期から抱いていたといい、彼自身の様々な体験や音楽的モティーフが取り入れられた多角的な作品として成立しています。オーケストラ、合唱だけでなく、ソロ歌手のパートにも重要な役割が置かれ、全てが混然一体となった爆発的なエネルギーを持つ問題作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。