ホーム > アルバム > 8.559920 プライス:演奏会用序曲第1番、第2番/オークの歌/オーク/舞踏組曲(ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィル/ジーター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.559920
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フローレンス・ベアトリス・プライス Florence Beatrice Price
アーティスト
ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団 Württembergische Philharmonie Reutlingen , ジョン・ジーター John Jeter

プライス:演奏会用序曲第1番、第2番/オークの歌/オーク/舞踏組曲(ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィル/ジーター)

PRICE, F.: Songs of the Oak / Concert Overtures Nos. 1-2 / The Oak / Suite of Dances (Württembergische Philharmonie Reutlingen, Jeter)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.559920

全トラック選択/解除

フローレンス・ベアトリス・プライス - Florence Beatrice Price (1887-1953)

**:**
演奏会用序曲第1番(黒人霊歌「罪人よ、この収獲を枯らさないで」に基づく)
1.

Concert Overture No. 1 on Spiritual, "Sinner, Please Don't Let This Harvest Pass"

録音: 20 April 2022, Studio der Wuerttembergischen Philharmonie Reutlingen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9725770
 
**:**
演奏会用序曲第2番(黒人霊歌「行け、モーゼ」「精霊を感じるたびに」「誰も知らない私の悩み」に基づく)(エンディングA)
2.

Concert Overture No. 2 (Ending A)

録音: 20 April 2022, Studio der Wuerttembergischen Philharmonie Reutlingen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9725771
 
**:**
交響詩「オークの歌」
3.

Songs of the Oak, Tone Poem

録音: 21 April 2022, Studio der Wuerttembergischen Philharmonie Reutlingen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9725772
 
**:**
交響詩「オーク」(エンディングB)
4.

The Oak (Ending B)

録音: 21-22 April 2022, Studio der Wuerttembergischen Philharmonie Reutlingen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9725773
 
**:**
コロニアル・ダンス
5.

Colonial Dance

録音: 22 April 2022, Studio der Wuerttembergischen Philharmonie Reutlingen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9725774
 
**:**
舞踏組曲

Suite of Dances

録音: 22 April 2022, Studio der Wuerttembergischen Philharmonie Reutlingen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9725775
**:**
»  第1曲 アレグレット
6.

-

I. Allegretto

**:**
»  第2曲 アレグレット
7.

-

II. Allegretto

**:**
»  第3曲 アレグロ・モルト
8.

-

III. Allegro molto

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/11/01
国際的に注目度急上昇中の作曲家フローレンス・プライス。「黒人女性初の交響曲作曲家」と呼ばれるプライスの音楽は、アフリカ由来のリズムや黒人霊歌を大胆に取り入れて親しみやすさと感情に訴える個性的な魅力を備えています。2021年のBBCプロムスのラスト・ナイトで演奏された交響曲第1番の第3楽章「ジュバ・ダンス」がその典型。このアルバムの収録曲にもそうした魅力が発揮されています。交響詩ではハリウッドの映画音楽の影響を受けた華やかで色彩感豊かなオーケストレーションも楽しめます。交響曲第1番でアメリカの作曲賞を受賞し、初演も大好評を得たプライス。黒人霊歌を採り入れた「演奏会用序曲第1番」はシカゴ交響楽団での演奏がテレビ放送され、人気を博しました。舞踊組曲は、ピアノのための「3つの小さな黒人のダンス」をプライス自身がオーケストレーションしたもの。こちらも歌心溢れる旋律と陽気なリズムが随所に聴かれます。同じく黒人霊歌を採り入れた「演奏会用序曲第2番」や交響詩「オークの歌」は、その総譜の存在が2009年まで知られずにいましたが、プライス再評価が進んで陽の目を見たものです。NAXOSレーベルに交響曲第1番&第4番(8.559827)と交響曲第3番(8.559897)を録音するなど、プライス作品の演奏に取り組んでいる指揮者ジョン・ジーターによる演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。