ホーム > アルバム > 8.570166 エルガー:ピアノ作品集(ウォス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570166
CD発売時期
2006年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
アシュリー・ウォス Ashley Wass

エルガー:ピアノ作品集(ウォス)

ELGAR: Piano Music

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570166

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
ソナチネ ト長調

Sonatina in G Major

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/129315
**:**
»  I. Andantino
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

 
**:**
夢の中の子供たち Op. 43

Enfants d'un reve (Dream Children), Op. 43

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396641
**:**
»  I. Andantino
3.

-

**:**
»  II. Allegretto piacevole
4.

-

 
**:**
3つの小品 Op. 4
5.

Idyll, Op. 4, No. 1 (arr. for piano)

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396642
 
**:**
カリッシマ
6.

Carissima

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396643
 
**:**
5月の歌
7.

May Song

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396644
 
**:**
甘い物思い 「ローズマリー」
8.

Douce pensee, "Rosemary"

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396645
 
**:**
バレエ音楽「真紅の扇」 Op. 81 - 第7曲 エコーの踊り
9.

The Sanguine Fan, Op. 81: No. 7: Allegro, "Echo's Dance" (piano adaptation)

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396646
 
**:**
3つの性格的小品 Op.10 - 第2曲 ムーア風のセレナード(ピアノ編)
10.

3 Characteristic Pieces, Op. 10: No. 2. Serenade mauresque (arr. piano)

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396647
 
**:**
エニグマ変奏曲 Op. 36 (ピアノ版)

Variations on an Original Theme, Op. 36, "Enigma" (arr. by E. Elgar for piano)

録音: 30 January - 1 February 2006, St George’s Church, Brandon Hill, Bristol
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7396648
**:**
»  Theme
11.

-

**:**
»  Var. 1: C. A. E. (The Composer's Wife)
12.

-

**:**
»  Var. 2: H. D. S-P. (Hew David Steuart-Powell)
13.

-

**:**
»  Var. 3: R. B. T. (Richard Baxter Townshend)
14.

-

**:**
»  Var. 4: W. M. B. (William Meath Baker)
15.

-

**:**
»  Var. 5: R. P. A. (Richard Penrose Arnold)
16.

-

**:**
»  Var. 6: Ysobel (Isabel Fitton)
17.

-

**:**
»  Var. 7: Troyte (Troyte Griffith)
18.

-

**:**
»  Var. 8: W. N. (Winifred Norbury)
19.

-

**:**
»  Var. 9: Nimrod (A. J. Jaeger)
20.

-

**:**
»  Var. 10: Intermezzo: Dorabella (Dora Penny)
21.

-

**:**
»  Var. 11: G. R. S. (George Robertson Sinclair)
22.

-

**:**
»  Var. 12: B. G. N. (Basil G. Nevinson)
23.

-

**:**
»  Var. 13: Romanza: *** (Lady Mary Lygon)
24.

-

**:**
»  Var. 14: Finale: E. D. U. (The Composer)
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
エルガーにはピアノ作家というイメージはあまりなく、当盤においてもかなりのトラックは自作品の編曲(トランスクリプション)の範疇に属するものとなっています。そんな中では、こんな曲もあるのかと驚かされるのは、「エニグマ変奏曲」のピアノ版です。確かに音色の多彩さでは原曲には劣りますが、シンフォニックな分厚い響きを堂々と奏でていくあたりは、トランスクリプション・マニアの期待にも十分沿うものとなっているといえましょう。それにしても、オリジナルのピアノ曲である可憐な「ソナティナ」を聴いていると、エルガーにはもっとこの分野にも注力してもらいたかったものだと、残念に思われてなりません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。