ホーム > アルバム > 8.570179 カーゲル:スゼナリオ/ドゥオドラメン/典礼(ザールブリュッケン放送響/カーゲル)

カーゲル:スゼナリオ/ドゥオドラメン/典礼(ザールブリュッケン放送響/カーゲル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570179
CD発売時期
2006年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
マウリシオ・カーゲル Mauricio Kagel
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ヴート・オーステルカンプ Wout Oosterkamp , マウリシオ・カーゲル Mauricio Kagel , ザールブリュッケン放送交響楽団 Saarbrücken Radio Symphony Orchestra , マーガレット・チョーカー Margaret Chalker , ロマン・ビショフ Romain Bischoff , マーティン・ヒル Martyn Hill , ローランド・ヘルマン Roland Hermann , リスボン・グルベンキアン合唱団 Lisbon Gulbenkian Chorus

カーゲル:スゼナリオ/ドゥオドラメン/典礼(ザールブリュッケン放送響/カーゲル)

KAGEL: Szenario / Duodramen / Liturgien

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570179

全トラック選択/解除

マウリシオ・カーゲル - Mauricio Kagel (1931-2008)

**:**
Szenario
1.
録音: 19 January 1994, Musikstudio 1, Funkhaus Halberg, Saarbrucken, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/146298
 
**:**
Duodramen

録音: 3-5 December 2001, Musikstudio 1, Funkhaus Halberg, Saarbrucken, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/146305
**:**
»  I. Allegro
2.

-

**:**
»  II. Grave
3.

-

**:**
»  III. Andantino
4.

-

**:**
»  IV. Molto tranquillo
5.

-

**:**
»  V. Andantino
6.

-

**:**
»  VI. Allegretto
7.

-

 
**:**
Liturgien
8.
録音: 13 May 1998, Fundacao Gulbenkian, Lisbon, Portugal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/146309
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ナクソスには余り多くない、かなりアヴァンギャルドしちゃった、耳に優しいとはとても言えない音楽です。ではなぜ敢えてお届けするか、それはカーゲルがブーレーズやシュトックハウゼンらにも影響を受けた、個性的で類い稀なる創作家だから。ブニュエルとダリのサイレント映画に付ける音楽として書かれた「シナリオ」は、テープによる犬の声を使用するあたり、前衛好きには欠かせない作品です。「ドゥオドラーメン」は後期ロマン派の連作歌曲を、「リトゥルギーエン」(合唱団の力が聴きもの!)は典礼音楽を、それぞれ現代音楽の視点を取り入れて発展させた力作。指揮はもちろん作曲者自身です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。