ホーム > アルバム > 8.570222 タルティーニ:5つのヴァイオリン協奏曲(ダスカラキス/ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570222
CD発売時期
2007年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ジュゼッペ・タルティーニ Giuseppe Tartini
アーティスト
ケルン室内管弦楽団 Cologne Chamber Orchestra , アリアドネ・ダスカラキス Ariadne Daskalakis , ヘルムート・ミュラー=ブリュール Helmut Müller-Brühl

タルティーニ:5つのヴァイオリン協奏曲(ダスカラキス/ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

TARTINI: Violin Concertos

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570222

全トラック選択/解除

ジュゼッペ・タルティーニ - Giuseppe Tartini (1692-1770)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 D. 50

Violin Concerto in E Major, D. 50

録音: 14-16 October 2005, Sendesaal des Funkhauses, DeutschlandRadio, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/160614
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Grave
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ長調 D. 96

Violin Concerto in A Major, D. 96

録音: 14-16 October 2005, Sendesaal des Funkhauses, DeutschlandRadio, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/371517
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Presto
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ト長調 D. 80

Violin Concerto in G Major, D. 80

録音: 14-16 October 2005, Sendesaal des Funkhauses, DeutschlandRadio, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/160616
**:**
»  I. Allegro ma non presto
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Allegro assai
9.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 D. 125

Violin Concerto in B Minor, D. 125

録音: 14-16 October 2005, Sendesaal des Funkhauses, DeutschlandRadio, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/160617
**:**
»  I. Allegro assai
10.

-

**:**
»  II. Larghetto, "Lascia ch'io dica addio"
11.

-

**:**
»  III. Allegro
12.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 D. 28

Violin Concerto in D Major, D. 28

録音: 14-16 October 2005, Sendesaal des Funkhauses, DeutschlandRadio, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/160618
**:**
»  I. Allegro
13.

-

**:**
»  II. Andante
14.

-

**:**
»  III. Allegro
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ソナタ「悪魔のトリル」で有名なタルティーニは、遺された作品のほとんどがヴァイオリンのためのもので、いかにもヴァイオリニスト・コンポーザーらしい閃きに満ちたものです。急速楽章の名人芸的パッセージ、緩徐楽章の情感溢れる歌の双方において、高音域や重音奏法が自由自在に使用されており、バッハやヴィヴァルディと比べると、より華麗さが前面に出てきています。和声の彫りの深さや旋律の美しさにも恵まれており、タルティーニが今一つメジャーになり切れないのは、不可思議というほかありません。ダスカラキス、ミュラー=ブリュールらによる、モダン楽器を用いつつも、ピリオド様式を大いに取り入れた演奏も快調そのものです。
レビュアー: Tossy 投稿日:2011/08/16
タルティーニはイタリアのヴァイオリン演奏史を論ずる時には必ず登場する人物ですが、正当に評価されているとは言い難いでしょう。このアルバムは独奏のダスカラキスが一音一音を大切に曖昧なところのない演奏をくりひろげ、さらに、ミューラー=ブリュールが各声部の明快な伴奏をつけてタルティーニの作品がもつ素晴らしさを正しく伝えるものとなっています。特にD.80の第2楽章はヴァイオリンがすすり泣くような名旋律を奏で、私は「悲しみと祈り」を湛えた音楽としては史上屈指の出来栄えを示す名作であると思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。