ホーム > アルバム > 8.570235 タンスマン:クラリネット室内楽曲集(フェサール/ピエール/エリゼ四重奏団)

タンスマン:クラリネット室内楽曲集(フェサール/ピエール/エリゼ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570235
CD発売時期
2007年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アレクサンドル・タンスマン Alexandre Tansman
アーティスト
エリゼ四重奏団 Elysee Quartet , フランシス・ピエール Francis Pierre , ジャン=マルク・フサール Jean-Marc Fessard , エリアンヌ・レイエ Eliane Reyes

タンスマン:クラリネット室内楽曲集(フェサール/ピエール/エリゼ四重奏団)

TANSMAN: Chamber Music with Clarinet

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570235

全トラック選択/解除

アレクサンドル・タンスマン - Alexandre Tansman (1897-1986)

**:**
Music for Clarinet and String Quartet

録音: 20-23 April 2006, Studio de Meudon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/147280
**:**
»  I. Canzona
1.

-

**:**
»  II. Scherzo
2.

-

**:**
»  III. Finale: Notturno
3.

-

 
**:**
Musique a 6

録音: 20-23 April 2006, Studio de Meudon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/147282
**:**
»  I. Preludio
4.

-

**:**
»  II. Perpetuum pianissimo (Intermezzo)
5.

-

**:**
»  III. Allegro risoluto
6.

-

**:**
»  IV. Notturno
7.

-

**:**
»  V. Capriccio alla polacca
8.

-

**:**
»  VI. Postludio romantico
9.

-

 
**:**
クラリネット、ハープと弦楽四重奏のための3つの小品

3 Pieces for Clarinet, Harp and String Quartet

録音: 20-23 April 2006, Studio de Meudon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/147283
**:**
»  No. 1. Andante sostenuto
10.

-

**:**
»  No. 2. Vivace possibile
11.

-

**:**
»  No. 3. Lento cantabile
12.

-

 
**:**
トリプティーク

Triptyque

録音: 20-23 April 2006, Studio de Meudon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/147289
**:**
»  I. Allegro risoluto
13.

-

**:**
»  II. Andante
14.

-

**:**
»  III. Finale: Presto
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ピアノ曲やギター曲が演奏され、日本でも知名度が上がっているタンスマン。1930年に作曲された「三枚折り絵」は弦楽合奏でも演出生はポーランドながら、フランスの音楽家という印象が強いタンスマン。日本でもようやく、注目度があがってきています。「フランス6人組」に似た室内楽を得意とした彼が特に好んだ楽器がクラリネットで、当盤はクラリネットを伴う室内楽曲を集めました。この中では、日本の芥川也寸志にも影響を与えたという「三枚折り絵」に宿る音楽の生命力も強烈で、必聴作といえるでしょう。これは長寿に恵まれた彼としては、人生の前半に書かれたものですが、他の作品は晩年の作。しかし枯れた感触などというものはありません。80歳記念の委嘱作「6人の音楽」ではピアノの使い方も印象的です。奏される名作であり、1970年代と80年代に作曲された他の3作と共に、この作曲家独特のパリ的な感性が生きています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。