ホーム > アルバム > 8.570242 オルフ:組曲「カルミナ・ブラーナ」(吹奏楽編)/O. リード:メキシコ民謡交響曲(ピーボディ音楽院ウィンド・アンサンブル/パーカー)

オルフ:組曲「カルミナ・ブラーナ」(吹奏楽編)/O. リード:メキシコ民謡交響曲(ピーボディ音楽院ウィンド・アンサンブル/パーカー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570242
CD発売時期
2006年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
吹奏楽
作曲家
カール・オルフ Carl Orff , アーサー・バード Arthur Bird , ハーバート・オーウェン・リード Herbert Owen Reed
編曲者
ジョン・クランス John Krance , ガンサー・シュラー Gunther Schuller
アーティスト
ハーラン・D・パーカー Harlan D. Parker , ピーボディ音楽院ウィンド・アンサンブル Peabody Conservatory Wind Ensemble

オルフ:組曲「カルミナ・ブラーナ」(吹奏楽編)/O. リード:メキシコ民謡交響曲(ピーボディ音楽院ウィンド・アンサンブル/パーカー)

ORFF: Carmina Burana Suite / BIRD: Serenade / REED: La fiesta mexicana

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570242

全トラック選択/解除

カール・オルフ - Carl Orff (1895-1982)

**:**
組曲「カルミナ・ブラーナ」(吹奏楽編)

Carmina Burana Suite, "Cantiones profanae" (arr. for concert band)

録音: 14 December 2000, 15 February 2001 & 18 March 2001, Griswold Hall, Baltimore, Maryland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/124941
**:**
»  I. O Fortuna, velut Luna (Oh Fortune, variable as the moon)
1.

-

**:**
»  II. Fortune plango vulnera (I lament Fortune's blows)
2.

-

**:**
»  III. Ecce gratum (Behold the Spring)
3.

-

**:**
»  IV. Tanz: Uf dem anger (Dance: On the lawn)
4.

-

**:**
»  V. Floret silva nobilis (The noble forest)
5.

-

**:**
»  VI. Were diu werlt alle min (Were the world all mine)
6.

-

**:**
»  VII. Amor volat undique (The Goddess of Love flies everywhere)
7.

-

**:**
»  VIII. Ego sum abbas (I am the abbot)
8.

-

**:**
»  IX. In taberna quando sumus (When we are in the tavern)
9.

-

**:**
»  X. In trutina (I am suspended between love and chastity)
10.

-

**:**
»  XI. Dulcissime (Sweetest boy)
11.

-

**:**
»  XII. Ave, formosissima (Hail to thee, most beautiful)
12.

-

**:**
»  XIII. Fortuna, Imperatrix Mundi (Fortune, Empress of the World)
13.

-

アーサー・バード - Arthur Bird (1856-1923)

**:**
セレナード Op. 40

Serenade, Op. 40

録音: 14 December 2000, 15 February 2001 & 18 March 2001, Griswold Hall, Baltimore, Maryland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/124942
**:**
»  I. Allegro moderato
14.

-

**:**
»  II. Adagio
15.

-

**:**
»  III. Allegro assai
16.

-

**:**
»  IV. Allegro energico
17.

-

ハーバート・オーウェン・リード - Herbert Owen Reed (1910-2014)

**:**
メキシコの祭り - メキシコ民謡交響曲

La fiesta mexicana - A Mexican Folk Song Symphony

録音: 14 December 2000, 15 February 2001 & 18 March 2001, Griswold Hall, Baltimore, Maryland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/124943
**:**
»  I. Prelude and Aztec Dance
18.

-

**:**
»  II. Mass
19.

-

**:**
»  III. Carnival
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ラヴィ 投稿日:2009/08/03
この吹奏楽の編曲はオリジナルと違って、カルミナ・ブラーナを新鮮な組曲のように感じさせる内容・演奏でとても楽しめます。リードの曲もとても素敵で、メキシコを想像させる明るく情熱に満ちたリズムやメロディー・ハーモニーなど吹奏楽でしか表現出来ない内容に満ち溢れています。特に2曲目のミサは感動的です。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ナクソスの大きな長所はお値段。安いから未知のレパートリーに気軽にチャレンジできる。ならば、21世紀最高の人気声楽曲である、オルフ「カルミナ・ブラーナ」の吹奏楽による抜粋版の試食はどうですか?合唱や独唱が無くて淋しい?確かに声は入っていませんが、吹奏楽にしか表現できない音圧を楽しみましょう。今やヒーリングの定番である「天秤棒に心をかけて」も、楽器だけで演奏するとこうなります。19世紀末に書かれた古典的なバード作品。シリアスさとコミカルさがほどよくブレンドされ、吹奏楽を聴く楽しみが最大化されたリード作品。これらを併せ、吹奏楽ファンのみならず、広く管弦楽曲ファンにお薦めします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。