ホーム > アルバム > 8.570289 スタンフォード:交響曲第2番、第5番(ボーンマス響/ロイド-ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570289
CD発売時期
2007年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード Charles Villiers Stanford
アーティスト
ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones

スタンフォード:交響曲第2番、第5番(ボーンマス響/ロイド-ジョーンズ)

STANFORD: Symphonies, Vol. 2 (Nos. 2 and 5)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570289

全トラック選択/解除

チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード - Charles Villiers Stanford (1852-1924)

**:**
交響曲第2番 ニ短調 「挽歌」

Symphony No. 2 in D Minor, "Elegiac"

録音: 29-30 June and 25-26 July 2006, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, Dorset, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182520
**:**
»  I. Allegro appassionato
1.

-

**:**
»  II. Lento espressivo
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro con fuoco
3.

-

**:**
»  IV. Adagio - Allegro
4.

-

 
**:**
交響曲第5番 ニ長調 Op. 56

Symphony No. 5 in D Major, Op. 56, "L'Allegro ed il Pensieroso"

録音: 29-30 June and 25-26 July 2006, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, Dorset, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/182521
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Allegretto grazioso
6.

-

**:**
»  III. Andante molto tranquillo
7.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
エルガー以前の英国の偉大なる2人の作曲家、パリーとスタンフォード(1852-1924)はまさに「英国近代音楽の父」。メンデルスゾーンやブラームスの影響を受けつつも英国の民謡や文学の香りを取り入れた独自の音楽を発展させたのです。スタンフォードの交響曲は全部で7曲ありますが、残念なことに第3番を除いては最近までほとんど忘れ去られていた存在と言っても過言ではありません。ここに収録された2曲の作品はどちらもテニスンとミルトンの詩の引用をともなうものでブックレットには原詩も掲載されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。