ホーム > アルバム > 8.570351 サリヴァン:パイナップル・ポール組曲(マッケラス編)/交響曲ホ長調 「アイリッシュ」(ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570351
CD発売時期
2007年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
アーサー・サリヴァン Arthur Sullivan
編曲者
チャールズ・マッケラス Charles Mackerras
アーティスト
デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones , ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Liverpool Philharmonic Orchestra

サリヴァン:パイナップル・ポール組曲(マッケラス編)/交響曲ホ長調 「アイリッシュ」(ロイド=ジョーンズ)

SULLIVAN, A.: Pineapple Poll (arr. C. Mackerras) / Symphony in E Major, "Irish"

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570351

全トラック選択/解除

アーサー・サリヴァン - Arthur Sullivan (1842-1900)

**:**
パイナップル・ポール組曲(編曲:C. マッケラス)

Pineapple Poll (arr. C. Mackerras)

録音: 1-2 August 2006, Philharmonic Hall, Liverpool
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/176310
**:**
»  Scene I: Opening Dance
1.

-

**:**
»  Scene I: Poll's Solo - Pas de Deux
2.

-

**:**
»  Scene I: Captain Belaye's Solo
3.

-

**:**
»  Scene I: Pas de Trois
4.

-

**:**
»  Scene I: Finale
5.

-

**:**
»  Scene II: Poll's Solo
6.

-

**:**
»  Scene II: Jasper's Solo
7.

-

**:**
»  Scene III: Belaye's Solo - Sailor's Drill
8.

-

**:**
»  Scene III: Poll's Solo
9.

-

**:**
»  Scene III: Entry of Belaye with Blanche as Bride
10.

-

**:**
»  Scene III: Reconciliation
11.

-

**:**
»  Scene III: Grand Finale
12.

-

 
**:**
交響曲 ホ長調 「アイリッシュ」

Symphony in E Major, "Irish"

録音: 1-2 August 2006, Philharmonic Hall, Liverpool
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/176311
**:**
»  I. Andante - Allegro, ma non troppo vivace
13.

-

**:**
»  II. Andante espressivo
14.

-

**:**
»  III. Allegretto - Moderato - Tempo I
15.

-

**:**
»  IV. Allegro vivace e con brio
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
喜歌劇「ミカド」でおなじみのイギリスの作曲家サリヴァンの隠れた名曲です。とは言えこれはオリジナル作品ではなく、指揮者マッケラスがサリヴァンのオペレッタの中からバレエ曲だけを集めてまとめた楽しい曲集なのです。吹奏楽好きにもファンの多いこの曲をイギリスの名門オケの演奏で。ブックレットにはマッケラス自身の解説も収録しています。
レビュアー: sunny 投稿日:2014/06/04
チャールズ・マッケラスが、愛奏し、編曲したサリヴァンのオペレッタを、イギリスのオペラでは、右に出る者無しの名匠、ロイド・ジョーンズの指揮、アイルランド移民の多い、ビートルズの街のオーケストラによる、「パイナップル・ボール組曲」も楽しいが、交響曲「アイリッシュ」が、これまたいい。現代ロック・ポピュラー音楽、歌謡曲の一方の祖(もう一方は黒人音楽)、アイルランド民謡、伝承音楽(更にその祖は、バロック、教会音楽らしい)を、題材とするクラシック音楽は、実は数多い(ワーグナーのトリスタンとイゾルデもそう)。さりげなくて、自然。哀愁と癒し、喜び、活気の音楽。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。