ホーム > アルバム > 8.570355 スタンフォード:交響曲第3番、第6番(ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570355
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード Charles Villiers Stanford
アーティスト
ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones

スタンフォード:交響曲第3番、第6番(ロイド=ジョーンズ)

STANFORD: Symphonies, Vol. 3 (Nos. 3 and 6)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570355

全トラック選択/解除

チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード - Charles Villiers Stanford (1852-1924)

**:**
交響曲第6番 変ホ長調 「G.F. ワッツの思い出に」 Op. 94

Symphony No. 6 in E-Flat Major, Op. 94, "In Memoriam G.F. Watts"

録音: 18-19 June 2007, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/211315
**:**
»  I. アレグロ・コン・ブリオ
1.

-

I. Allegro con brio

**:**
»  II. アダージョ・エ・モルト・エスプレッシーヴォ
2.

-

II. Adagio e molto espressivo

**:**
»  III. スケルツォとトリオ - プレスト
3.

-

III. Scherzo and Trio: Presto -

**:**
»  IV. モデラート・エ・マエストーソ
4.

-

IV. Moderato e maestoso

 
**:**
交響曲第3番 ヘ短調 「アイリッシュ」 Op. 28

Symphony No. 3 in F Minor, Op. 28, "Irish"

録音: 25-26 June 2006, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/211316
**:**
»  I. アレグロ・モデラート
5.

-

I. Allegro moderato

**:**
»  II. アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ
6.

-

II. Allegro molto vivace

**:**
»  III. アンダンテ・コン・モート
7.

-

III. Andante con moto

**:**
»  IV. フィナーレ - アレグロ・モデラート・コン・フオーコ
8.

-

IV. Finale: Allegro moderato con fuoco

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
7曲もあるにもかかわらず「20世紀になった今では時代遅れの音楽だ」とされ忘れ去られてしまったスタンフォードの交響曲。しかし第3番だけはその素朴で物悲しいメロディと雰囲気が愛されたのかずっと演奏され続け、彼の代表作の一つとしても認知されています。しかし第6番は作曲されてからの80年の間にたった2回ほど公式に演奏されたのみ。何ともったいないことでしょう!!!美しいメロディとハーモニーに彩られた作品、これはブーム到来の予感です。
レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/07/02
この人の曲、聴かないともったいないです。大衆受け寸前で踏み止まり、立派に芸術として昇華している旋律の美しさ ! 有名作曲家を引き合いに出し、誰彼に似ている、というのはつまらないお話。しかし、ブラームスやドヴォルザークが好きな方には特にお薦めできるでしょう。子どもの頃、ドイツ=オーストリア至上主義の弊害もあって、「イギリスは作曲家不毛の地」という俗説を摺り込まれたのが本当に残念。フィンジに続いて、ぜひメジャーになってもらいたい一人です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。