ホーム > アルバム > 8.570371 シェリゴフスキ:管弦楽のための協奏曲/ピアノ協奏曲/4つのポーランド舞曲(ポズナン・フィル/スモリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570371
CD発売時期
2007年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
タデウシュ・シェリゴフスキ Tadeusz Szeligowski
アーティスト
マリウシュ・スモリー Mariusz Smolij , ボグダン・チャピエフスキ Bogdan Czapiewski , ポズナ二・フィルハーモニー管弦楽団 Poznan Philharmonic Orchestra

シェリゴフスキ:管弦楽のための協奏曲/ピアノ協奏曲/4つのポーランド舞曲(ポズナン・フィル/スモリー)

SZELIGOWSKI: Concerto for Orchestra / Piano Concerto / 4 Polish Dances

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570371

全トラック選択/解除

タデウシュ・シェリゴフスキ - Tadeusz Szeligowski (1896-1963)

**:**
喜劇的序曲
1.

Comedy Overture

録音: 19-21 December 2006, 20-22 February 2007, Auditorium, Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/166899
 
**:**
4つのポーランド舞曲

4 Polish Dances

録音: 19-21 December 2006, 20-22 February 2007, Auditorium, Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/166900
**:**
»  行列
2.

-

No. 1. Korowod (Procession)

**:**
»  ルブリン地方のワルツ
3.

-

No. 2. Walc lubelski (Waltz from the Lublin region)

**:**
»  牧歌
4.

-

No. 3. Sielanka (Bucolic Dance)

**:**
»  オベレク
5.

-

No. 4. Oberek (Folk Dance)

 
**:**
ピアノ協奏曲

Piano Concerto

録音: 19-21 December 2006, 20-22 February 2007, Auditorium, Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/166903
**:**
»  I. Allegro con brio
6.

-

**:**
»  II. Andante
7.

-

**:**
»  III. Allegro risoluto
8.

-

 
**:**
夜想曲
9.

Nocturne

録音: 19-21 December 2006, 20-22 February 2007, Auditorium, Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/166901
 
**:**
管弦楽のための協奏曲

Concerto for Orchestra

録音: 19-21 December 2006, 20-22 February 2007, Auditorium, Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/166902
**:**
»  I. Allegro con brio
10.

-

**:**
»  II. Andante con moto
11.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
戦後のポーランド音楽の発展に大きく関与したシェリゴフスキ(1896-1963)の作品集です。第2次世界大戦の後ポズナニに留まり、この地のオーケストラの指揮者として活躍。並行して作曲活動も活発に行いポーランド民謡を巧みに織り込んだ親しみやすい曲を多く生み出した彼こそ、近代ポーランド音楽の父と呼ぶにふさわしい人でしょう。ここに収録された作品はどれもが新古典主義の影響を受けた確固たるもので、どっしりと満足感を与える重厚なサウンドも聴きどころです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。