ホーム > アルバム > 8.570425 バラダ:マリア・サビナ/ディオニシオ - イン・メモリアム(エンシナール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570425
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
レオナルド・バラダ Leonardo Balada
作詞家
カミロ・ホセ・セーラ Camilo Jose Cela , エミーリオ・ルイズ Emilio Ruiz , Dionisio Ridruejo
アーティスト
ホセ・ラモン・エンシナール Jose Ramon Encinar , スージー・サンチェス Susi Sanchez , アンヘル・セイツ Angel Saiz , フェルナンド・テヘドール Fernando Tejedor , カルロス・ヒッポリト Carlos Hipolito , マドリード州立合唱団 Madrid Community Chorus , マドリード州立管弦楽団 Madrid Community Orchestra

バラダ:マリア・サビナ/ディオニシオ - イン・メモリアム(エンシナール)

BALADA: Maria Sabina / Dionisio - In Memoriam

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570425

全トラック選択/解除

レオナルド・バラダ - Leonardo Balada (1933-)

**:**
マリア・サビナ

Maria Sabina

録音: 27-30 June 2006, Teatro Isabel Clara Eugenia, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/194906
**:**
»  Part I: En la serrania de Oaxaca (The Town Crier, Chorus, Maria Sabina)
1.

-

**:**
»  Part II: Las viejecitas impedidas quieren ahorcar a Maria Sabina (Chorus, Maria Sabina)
2.

-

**:**
»  Part III: Pedimos que el verdugo ahorque a Maria Sabina (Chorus, Maria Sabina, Constable, Executioner)
3.

-

 
**:**
Dionisio - In Memoriam

録音: 29 November - 1 December 2006, 23-25 May 2007, Teatro Isabel Clara Eugenia, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/200043
**:**
»  Part I: Hambre, Gloria, Vida
4.

-

**:**
»  Part II: Guerra, guerra, la guerra
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
20世紀スペインのバルセロナに生まれた作曲家バラダの作品はこれまでもNAXOSからいくつかリリースされ、その強烈な個性は常に聴き手を魅了し続けています。今作は、「聖なるきのこ」を用いて幻視を行い世界の全てを見てしまう呪術師の悲劇をテーマにした「マリア・サビナ」と、1930年代に活躍した詩人ディオニシオ・リドルエホに捧げるカンタータの2編を収録。呪文までをもテキストに用いたアバンギャルドでエスニックな音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。