ホーム > アルバム > 8.570439 ヴォーン・ウィリアムズ:クリスマス・キャロルによる幻想曲/オディエ(ロイヤル・フィル/ウェットン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570439
CD発売時期
2007年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams
作詞家
アーシュラ・ヴォーン・ウィリアムズ Ursula Vaughan Williams , マイルズ・カバーデール Myles Coverdale , 新約聖書 Bible - New Testament , 伝承 Traditional , トーマス・ハーディ Thomas Hardy , ジョージ・ハーバート George Herbert , ウィリアム・ブラモンド William Drummond , ジョン・ミルトン John Milton
アーティスト
ヒラリー・デイヴァン・ウェットン Hilary Davan Wetton , スティーヴン・ガッド Stephen Gadd , ピーター・ホーレ Peter Hoare , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra , ジャニス・ワトソン Janice Watson , Guildford Choral Society , St Catherine's School Middle Chamber Choir

ヴォーン・ウィリアムズ:クリスマス・キャロルによる幻想曲/オディエ(ロイヤル・フィル/ウェットン)

VAUGHAN WILLIAMS: Fantasia on Christmas Carols / Hodie

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570439

全トラック選択/解除

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
クリスマス・キャロルによる幻想曲
1.

Fantasia on Christmas Carols

録音: 13-14 January 2007, Cadogan Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/184010
 
**:**
クリスマス・カンタータ 「この日」

Hodie (This Day)

録音: 13-14 January 2007, Cadogan Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/184011
**:**
»  Prologue: Nowell! Nowell!
2.

-

**:**
»  Narration: Now is the birth of Jesus Christ
3.

-

**:**
»  Song: It was the winter wild
4.

-

**:**
»  Narration: And it came to pass in those days
5.

-

**:**
»  Choral: The blessed son of God
6.

-

**:**
»  Narration: And there were in the same country
7.

-

**:**
»  Song: The Oxen
8.

-

**:**
»  Narration: And the shepherds returned
9.

-

**:**
»  Pastoral: The shepherds sing
10.

-

**:**
»  Narration: But Mary kept all these things
11.

-

**:**
»  Lullaby: Sweet was the song the Virgin sang
12.

-

**:**
»  Hymn: Bright portals of the sky
13.

-

**:**
»  Narration: Now when Jesus was born
14.

-

**:**
»  The March of the 3 Kings: From kingdoms of wisdom
15.

-

**:**
»  Choral: No sad thought his soul affright
16.

-

**:**
»  Epilogue: In the beginning was the Word
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
イギリス音楽を知りたければ、まずヴォーン・ウィリアムスを聴け!と言われるほどに彼の作品には英国らしさが詰まっています。特に声楽曲の素晴らしさは筆舌に尽くしがたいもので、賛美歌をふんだんに用い、独自のオーケストレーションで味付けした華やかな音楽は合唱を聴く喜びをたっぷり味わうことができるでしょう。カンタータ「この日」の冒頭での晴れやかな声の交錯にまず耳を傾けてみてください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。