ホーム > アルバム > 8.570469 ローデ:ヴァイオリン協奏曲第7番、第10番、第13番(アイヒホルン/南西ドイツ放送カイザースラウテルン管/パスケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570469
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ピエール・ローデ Pierre Rode
アーティスト
フリーデマン・アイヒホルン Friedemann Eichhorn , 南西ドイツ放送カイザースラウテルン管弦楽団 South West German Radio Kaiserslautern Orchestra , ニコラ・パスケ Nicolás Pasquet

ローデ:ヴァイオリン協奏曲第7番、第10番、第13番(アイヒホルン/南西ドイツ放送カイザースラウテルン管/パスケ)

RODE, P.: Violin Concertos Nos. 7, 10, 13 (Eichhorn, SWR Kaiserslautern Orchestra, Pasquet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570469

全トラック選択/解除

ピエール・ローデ - Pierre Rode (1774-1830)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第7番 イ短調 Op. 9

Violin Concerto No. 7 in A Minor, Op. 9

録音: 29 January - 1, 6-9 February 2007, SWR Studio Kaiserslautern, Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/249169
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Rondo
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第10番 ロ短調

Violin Concerto No. 10 in B Minor

録音: 29 January - 1, 6-9 February 2007, SWR Studio Kaiserslautern, Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/249274
**:**
»  I. Moderato
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Tempo di Polacca
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第13番 嬰ヘ短調/イ長調

Violin Concerto No. 13 in F-Sharp Minor / A Major

録音: 29 January - 1, 6-9 February 2007, SWR Studio Kaiserslautern, Kaiserslautern, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/249367
**:**
»  I. Allegro comodo
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Allegretto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ボルドーで調香師の息子として生まれたローデは、幼い頃から卓越した音楽の才能を示し、13歳の時にパリへと上京し名ヴァイオリニスト、ヴィオッティの弟子となります。今は、彼の名前はヴァイオリンの練習曲を作曲した人としてのみ知られていますが、実はこんなに美しい協奏曲も書いていました。ローデ自身は演奏の際ポルタメントを多用し、まことに美しい音を奏でていたと言います。ちなみに若き名手、五島龍氏が現在使用しているヴァイオリンは、このローデが愛奏していたストラディヴァリウス「エクス・ピエール・ローデ」(1715年作)です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。