ホーム > アルバム > 8.570485 ハイドン:ピアノ協奏曲集(Hob XVIII: 3,4,9,11)(クナウアー/ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570485
CD発売時期
2007年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn
アーティスト
セバスティアン・クナウアー Sebastian Knauer , ケルン室内管弦楽団 Cologne Chamber Orchestra , ヘルムート・ミュラー=ブリュール Helmut Müller-Brühl

ハイドン:ピアノ協奏曲集(Hob XVIII: 3,4,9,11)(クナウアー/ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

HAYDN: Piano Concertos, Hob.XVIII:3,4,9,11

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570485

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
ピアノ協奏曲 ヘ長調 Hob.XVIII:3

Piano Concerto in F Major, Hob.XVIII:3

録音: 15-18 February 2007, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/174820
**:**
»  I. アレグロ
1.

-

I. Allegro

**:**
»  II. ラルゴ・カンタービレ
2.

-

II. Largo cantabile

**:**
»  III. フィナーレ -プレスト
3.

-

III. Finale: Presto

 
**:**
ピアノ協奏曲 ニ長調 Hob.XVIII:11

Piano Concerto in D Major, Hob.XVIII:11

録音: 15-18 February 2007, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/174844
**:**
»  I. ヴィヴァーチェ
4.

-

I. Vivace

**:**
»  II. ウン・ポーコ・アダージョ
5.

-

II. Un poco adagio

**:**
»  III. ロンド・アッルンガレーセ - アレグロ・アッサイ
6.

-

III. Rondo all'ungarese: Allegro assai

 
**:**
ピアノ協奏曲 ト長調 Hob.XVIII:4

Piano Concerto in G Major, Hob.XVIII:4

録音: 15-18 February 2007, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/174845
**:**
»  I. アレグロ
7.

-

I. Allegro

**:**
»  II. アダージョ・カンタービレ
8.

-

II. Adagio cantabile

**:**
»  III. ロンド - プレスト
9.

-

III. Rondo: Presto

 
**:**
ピアノ協奏曲 ト長調 Hob.XVIII:9

Piano Concerto in G Major, Hob.XVIII:9

録音: 15-18 February 2007, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/174846
**:**
»  I. アレグロ
10.

-

I. Allegro

**:**
»  II. アダージョ
11.

-

II. Adagio

**:**
»  III. テンポ・ディ・メヌエット
12.

-

III. Tempo di Meneutto

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1971年ハンブルク生まれのピアニスト、セバスチャン・クナウアーは4歳でピアノを始め、アントルモン、シフ、エッシェンバッハ、ワイセンベルクなど錚々たるピアニストに教えを受け、13歳でオーケストラと初共演、以降世界各地でコンサートを行なっている俊英です。すでに多数のCD録音もありますが、NAXOSレーベルではこのハイドンが初となります。重鎮ミュラー=ブリュールのサポートを受け、伸び伸びとした輝かしい音色で4曲の協奏曲を弾ききっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。