ホーム > アルバム > 8.570507 アイアランド:ピアノ三重奏曲/カヴァティーナ/子守歌/バガテル/聖なる少年(グールド・ピアノ・トリオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570507
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ジョン・アイアランド John Ireland
編曲者
ジョン・アイアランド John Ireland
アーティスト
グールド・ピアノ・トリオ Gould Piano Trio , ルーシー・グールド Lucy Gould , ベンジャミン・フリス Benjamin Frith

アイアランド:ピアノ三重奏曲/カヴァティーナ/子守歌/バガテル/聖なる少年(グールド・ピアノ・トリオ)

IRELAND, J.: Piano Trios / Cavatina / Berceuse / Bagatelle / The Holy Boy (Gould Piano Trio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570507

全トラック選択/解除

ジョン・アイアランド - John Ireland (1879-1962)

**:**
幻想的三重奏曲 イ短調
1.

Phantasie-Trio in A Minor

録音: 13-15 June 2008, Potton Hall, Westleton, Suffolk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/305918
 
**:**
ピアノ三重奏曲第2番 ホ長調
2.

Piano Trio No. 2 in E Major

録音: 13-15 June 2008, Potton Hall, Westleton, Suffolk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/305919
 
**:**
ピアノ三重奏曲第3番 ホ長調 - 短調

Piano Trio No. 3 in E Major-Minor

録音: 13-15 June 2008, Potton Hall, Westleton, Suffolk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/305920
**:**
»  I. Allegro moderato
3.

-

**:**
»  II. Scherzo: Vivace
4.

-

**:**
»  III. Andante cantabile
5.

-

**:**
»  IV. Finale: Con moto
6.

-

 
**:**
子守歌
7.

Berceuse

録音: 13-15 June 2008, Potton Hall, Westleton, Suffolk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/305946
 
**:**
カヴァティーナ
8.

Cavatina

録音: 13-15 June 2008, Potton Hall, Westleton, Suffolk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/305961
 
**:**
バガテル
9.

Bagatelle

録音: 13-15 June 2008, Potton Hall, Westleton, Suffolk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/305962
 
**:**
4つの前奏曲 - 第3番 聖なる少年(ヴァイオリンとピアノ編)
10.

4 Preludes: No. 3. The Holy Boy (arr. for violin and piano)

録音: 13-15 June 2008, Potton Hall, Westleton, Suffolk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/305963
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2009/07/29
イギリスの裕福な実業家、W.コベットは「若きイギリスの作曲家の才能を発掘する」目的で室内楽コンクールを主催することを考えました。第1 回の1905 年のコンクールには67 の作品が集まり、見事第1 位を射止めたのはW.ハールストーン。第2位はアイアランド(1879-1962)と同じ年のF.ブリッジの作品が選ばれました。で、1907 年の同コンクールで第1 位の座に輝いたのが、このアイアランドの幻想的三重奏曲でした。彼はそれからも創作の翼を広げ続け、独自の作品を多く生み出すこととなったのです。1938 年に初演された第3 番の三重奏曲はウォルトンに捧げられたものですが、雄大かつ幽玄な作風がきわめて魅力的と言えるでしょう。そうそう、アイアランドと言えば、必ず付いてくる「聖なる少年」も収録されています。今回はヴァイオリンとピアノ版です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。