ホーム > アルバム > 8.570523 ピアソラ:組曲「ブエノスアイレスのマリア」/ブエノスアイレスの夏/天使のミロンガ (ヴァーサス・アンサンブル)

ピアソラ:組曲「ブエノスアイレスのマリア」/ブエノスアイレスの夏/天使のミロンガ (ヴァーサス・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570523
CD発売時期
2007年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
アストル・ピアソラ Astor Piazzolla
作詞家
オラシオ・フェレル Horacio Ferrer
アーティスト
ヴァーサス・アンサンブル Versus Ensemble , オラシオ・フェレル Horacio Ferrer , エンリケ・モラタッラ Enrique Moratalla , マリア・レイ=ジョリー Maria Rey-Joly

ピアソラ:組曲「ブエノスアイレスのマリア」/ブエノスアイレスの夏/天使のミロンガ (ヴァーサス・アンサンブル)

PIAZZOLLA: Maria de Buenos Aires Suite / Verano Porteno / Milonga del Angel

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570523

全トラック選択/解除

アストル・ピアソラ - Astor Piazzolla (1921-1992)

**:**
天使のミロンガ
1.

Milonga del Angel

録音: 26-29 December 2006, Caja Rural Auditorium, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/168400
 
**:**
ブエノスアイレスの夏
2.

Verano porteno

録音: 26-29 December 2006, Caja Rural Auditorium, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/168401
 
**:**
チキリン・デ・バチン(バチンの少年)
3.

Chiquilín de Bachín

録音: 26-29 December 2006, Caja Rural Auditorium, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/168404
 
**:**
リベルタンゴ
4.

Libertango

録音: 26-29 December 2006, Caja Rural Auditorium, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/168403
 
**:**
オブリビオン(忘却)
5.

Oblivion

録音: 26-29 December 2006, Caja Rural Auditorium, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/168402
 
**:**
ロコへのバラード
6.

Balada para un Loco

録音: 26-29 December 2006, Caja Rural Auditorium, Granada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/168405
 
**:**
歌劇「ブエノスアイレスのマリア」(抜粋)

Maria de Buenos Aires Suite

録音: 26-29 December 2006 (except Tk 11), Caja Rural Auditorium, Granada, Spain (except Tk 11)
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/168406
**:**
»  カリエーゴ調のミロンガ
7.

-

I. Milonga Carrieguera

**:**
»  フーガと神秘
8.

-

II. Fuga y Misterio

**:**
»  わたしはマリア
9.

-

III. Yo soy Maria

**:**
»  アレグロ・タンガービレ
10.

-

IV. Allegro Tangabile

**:**
»  受胎告知のミロンガ
11.

-

V. Milonga de la Anunciacion

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
日本でも一大ブームを巻き起こし、すっかり定着した感のあるピアソラのタンゴ集です。ヒナステラに音楽理論を学びつつもタンゴの仕事を続けた彼ですが、一度はタンゴを捨てクラシックの作曲家の道を目指そうとしたといいます。しかしそれを阻止したのがN・ブーランジェ。以来、自身の中に沸き起こる「タンゴへの道」を追求し続けた孤高の人。その熱き思いをじっくりとご堪能ください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。