ホーム > アルバム > 8.570552 山田一雄:おほむたから(大みたから)/若者のうたへる歌/交響的木曽/交響組曲「印度」(ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570552
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
山田一雄 Kazuo Yamada
アーティスト
ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky , ロシア・フィルハーモニー管弦楽団 Russian Philharmonic Orchestra

山田一雄:おほむたから(大みたから)/若者のうたへる歌/交響的木曽/交響組曲「印度」(ロシア・フィル/ヤブロンスキー)

YAMADA, Kazuo: Grand Treasure / A Song of Young People / Kiso / Spellbinding (Russian Philharmonic, Yablonsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570552

全トラック選択/解除

山田一雄 - Kazuo Yamada (1912-1991)

**:**
若者のうたへる歌
1.

A Song of Young People

録音: 18-22 May 2007, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3367258
 
**:**
交響的木曽 Op. 12
2.

Kiso (Old Japanese Melody), Op. 12

録音: 18-22 May 2007, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3371140
 
**:**
交響組曲「印度」

Symphonic Suite, "India" (Spellbinding)

録音: 18-22 May 2007, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3371141
**:**
»  I. Moderato
3.

-

**:**
»  II. Animato
4.

-

**:**
»  III. Larghetto con moto
5.

-

**:**
»  IV. Rubato tempo marcato
6.

-

 
**:**
おほむたから(大みたから) Op. 20
7.

Grand Treasure, Op. 20

録音: 18-22 May 2007, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3371142
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2014/02/06
国内で先行発売されていた、日本作曲家選輯の最新作「山田一雄」の配信を開始致しました。「ヤマカズ」の愛称で親しまれ、指揮者としてのイメージが強いですが、管弦楽、室内楽、声楽曲など多数の作品を書いています。このアルバムには、演奏される機会の少ない、彼の管弦楽作品を収録しています。どの作品の非常に聴きやすく、とくに「おほむたから」のマーラー風のオーケストレーションは魅力的。ナクソスでお馴染みのヤブロンスキー&ロシア・フィルの演奏も完成度が高く、作品の真髄を存分に味わえます。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/01/01
全身を使ってしなやかに、時には爆発的な指揮を行う姿で知られる昭和の名指揮者山田一雄。しかし戦前の時代の彼は近代フランス風の歌曲を書き、マーラー顔負けの管弦楽作品を書く「前衛作曲家」としての名前を欲しいままにしていたことは、ようやく最近になって認知されてきたように思えます。彼自身、戦後になって指揮者としての活動が活発になると同時に、作曲家としての側面を封印していたきらいもあり、これらの作品の再復興が山田の本意であるのかは不明ですが、今の時代に容認されるのであれば、あのいたずらっぽい笑顔で「しょうがないな」と言ってくれるに違いありません。この4つの作品に漲る多彩な表現法は、確かに彼が「大作曲家」であったことを物語るものでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。