ホーム > アルバム > 8.570611 周龍/陳怡:交響曲「虎門1839」/周龍:鼓韻/エンライテンド(ニュージーランド響/ダレル・アン)

周龍/陳怡:交響曲「虎門1839」/周龍:鼓韻/エンライテンド(ニュージーランド響/ダレル・アン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570611
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
陳怡(チェン・イ) Yi Chen , 周龍(ジョウ・ロン) Long Zhou
アーティスト
ダレル・アン Darrell Ang , ニュージーランド交響楽団 New Zealand Symphony Orchestra

周龍/陳怡:交響曲「虎門1839」/周龍:鼓韻/エンライテンド(ニュージーランド響/ダレル・アン)

ZHOU, Long / CHEN, Yi: Symphony, "Humen 1839" / ZHOU, Long: The Rhyme of Taigu / The Enlightened (New Zealand Symphony, Darrell Ang)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570611

全トラック選択/解除

周龍(ジョウ・ロン) - Long Zhou (1953-)

**:**
タイグの韻
1.

The Rhyme of Taigu

録音: 4-6 June 2013, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4128766

陳怡(チェン・イ) - Yi Chen (1953-) / 周龍(ジョウ・ロン) - Long Zhou (1953-)

**:**
交響曲 「虎門1839」

Symphony, "Humen 1839"

録音: 4-6 June 2013, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4129028
**:**
»  I. Andante luminoso
2.

-

**:**
»  II. Allegro feroce
3.

-

**:**
»  III. Adagio tragico
4.

-

**:**
»  IV. Allegro trascinante
5.

-

周龍(ジョウ・ロン) - Long Zhou (1953-)

**:**
エンライテンド
6.

The Enlightened

録音: 4-6 June 2013, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4129029
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/04/01
ピューリッツァー賞を受賞したことでも知られる、中国で最も名声ある作曲家の一人、周龍(1953-)の作品集です。ブリガムヤング大学とシンガポール交響楽団との共同委託作品である「太鼓の韻」は日本の伝統的な太鼓(Taiguとは中国で太鼓を意味する)の歴史を紐解くものであり、もともと和太鼓の起源は仏教の教義、そして中国の宮廷儀式から生まれた「Taigu」の伝統に遡ることができるということで、ここから雅楽や能楽へ、またコミュニケーションの手段として、様々な形に発展していったのです。しかしながら、中国ではTaiguはほとんど生き残っておらず、唯一、唐王朝の宮廷音楽にその一部の断片が残っているだけだと言われます。この「太鼓の韻」ではそんな古代の芸術様式と、現在のオーケストラアンサンブルに多彩なパーカッション(初演時には日本の太鼓で演奏された)を加えることで、その伝統を振り返ります。広州交響楽団の委託作品である「虎門1839」は陳怡(1953-)との共同作品で、これは1839年に広東省で行われた「アヘン1000トンの公開処分(焼却されたと言われている)」を記念した曲で、4楽章からなる刺激的な音楽です。3曲目のタイトル「エンライテンド」は「悟りを開く」という意味であり、原題世界の闘争と、平和、光と愛を描いた壮大な曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。