ホーム > アルバム > 8.570719 マクミラン:十字架上の最後の7つの言葉/キリストは勝利し給う/ここに身を隠し(ドミートリー・アンサンブル/ロス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570719
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジェイムズ・マクミラン James MacMillan
作詞家
トマス・アクィナス Thomas Aquinas , 新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , ジェラード・マンリ・ホプキンス Gerard Manley Hopkins
アーティスト
ドミートリー・アンサンブル Dmitri Ensemble , グレアム・ロス Graham Ross

マクミラン:十字架上の最後の7つの言葉/キリストは勝利し給う/ここに身を隠し(ドミートリー・アンサンブル/ロス)

MACMILLAN, J.: 7 Last Words from the Cross / Christus vincit / Nemo te condemnavit / …here in hiding… (Dmitri Ensemble, Ross)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570719

全トラック選択/解除

ジェイムズ・マクミラン - James MacMillan (1959-)

**:**
十字架上の最後の7つの言葉

7 Last Words from the Cross

録音: 27-29 March 2008, All Hallows, Gospel Oak, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284059
**:**
»  Father, forgive them, for they know not what they do
1.

-

**:**
»  Woman, Behold They son!… Behold, Thy Mother!
2.

-

**:**
»  Verily, I say unto, today thou shalt be with me in Paradise
3.

-

**:**
»  Eli, Eli, lama sabachtani?
4.

-

**:**
»  I thirst
5.

-

**:**
»  It is finished
6.

-

**:**
»  Father, into Thy hands I commend my Spirit
7.

-

 
**:**
キリストは勝利し給う
8.

Christus Vincit

録音: 27-29 March 2008, All Hallows, Gospel Oak, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284063
 
**:**
誰もあなたを罰した人はいなかった
9.

Nemo te condemnavit

録音: 27-29 March 2008, All Hallows, Gospel Oak, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284088
 
**:**
ここに身を隠し(合唱編)
10.

…here in hiding… (version for chorus)

録音: 27-29 March 2008, All Hallows, Gospel Oak, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284111
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
2009年に50歳の誕生日を迎えるイギリスの作曲家、マクミランの1993年から2005年までの合唱作品を集めた記念すべき1枚です。アルバムの中核を成すのが、名作「十字架上の七つの言葉」です。BBCテレビの依嘱によって書かれたこの作品は4つの福音書の言葉からインスピレーションを受け、以降、様々な形として彼の他の作品にも影響を及ぼしています。美しく穏やかで抑制された合唱の響きを断ち切る荒々しい管弦楽、印象的なヴァイオリン・ソロなど、聴き手は一瞬足りとも緊張の糸を切るわけにはいきません。「私の音楽を、若き優れたドミトリー・アンサンブルの演奏で聴くのはとてもぞくぞくします。とりわけ指揮者グレアム・ロスは刺激的です。」と作曲家に言わしめた名演でどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。