ホーム > アルバム > 8.570725 モーツァルト/ウェーバー/チャイコフスキー/バリサ:ユーフォニアムのための作品集(フラッシャー/カペラ・イストロポリターナ/ロッゲン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570725
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
カール・マリア・フォン・ウェーバー Carl Maria von Weber , ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky , ジャン・バリサ Jean Balissat , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart , ドミニク・ロッゲン Dominique Roggen
アーティスト
カペラ・イストロポリターナ Capella Istropolitana , ローランド・フレッシャー Roland Froscher , ドミニク・ロッゲン Dominique Roggen

モーツァルト/ウェーバー/チャイコフスキー/バリサ:ユーフォニアムのための作品集(フラッシャー/カペラ・イストロポリターナ/ロッゲン)

Euphonium Music: ROGGEN, D. / MOZART, W.A. / WEBER, C. / TCHAIKOVKSY, P. / BALISSAT, J. (Roland Froscher)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570725

全トラック選択/解除

ドミニク・ロッゲン - Dominique Roggen (1948-)

**:**
ユーフォニアム協奏曲 変ロ長調

Euphonium Concerto in B-Flat Major

録音: 31 October–4 November 2005, Moyzes-Saal, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/213730
**:**
»  I. アレグロ
1.

-

I. Allegro

**:**
»  II. アンダンティーノ
2.

-

II. Andantino

**:**
»  III. ベルガマスカ・ヘルヴェチカ・アブスルダ
3.

-

III. Bergamasca helvetica absurda

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ファゴット協奏曲 変ロ長調 K. 191

Bassoon Concerto in B-Flat Major, K. 191

録音: 31 October–4 November 2005, Moyzes-Saal, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/213731
**:**
»  I. アレグロ
4.

-

I. Allegro

**:**
»  II. アンダンテ・マ・アダージョ
5.

-

II. Andante ma adagio

**:**
»  III. ロンド - テンポ・ディ・メヌエット
6.

-

III. Rondo: Tempo di menuetto

カール・マリア・フォン・ウェーバー - Carl Maria von Weber (1786-1826)

**:**
ファゴット協奏曲 ヘ長調 Op. 75 J. 127

Bassoon Concerto in F Major, Op. 75, J. 127

録音: 31 October–4 November 2005, Moyzes-Saal, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/213732
**:**
»  I. アレグロ・マ・ノン・トロッポ
7.

-

I. Allegro ma non troppo

**:**
»  II. アダージョ
8.

-

II. Adagio

**:**
»  III. ロンド - アレグロ
9.

-

III. Rondo: Allegro

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 Op. 11 - 第2楽章 アンダンテ・カンタービレ(ユーフォニアムと弦楽オーケストラ編)
10.

String Quartet No. 1 in D Major, Op. 11: II. Andante cantabile (arr. for euphonium and string orchestra)

録音: 31 October–4 November 2005, Moyzes-Saal, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/213733

ジャン・バリサ - Jean Balissat (1936-2007)

**:**
ユーフォニアムと室内オーケストラのためカプリッチョ

Capriccio for Euphonium and Chamber Orchestra

録音: 31 October–4 November 2005, Moyzes-Saal, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/213734
**:**
»  I. ミステリオーソ、レチタティーヴォ
11.

-

I. Mysterioso. Recitativo

**:**
»  II. スケルツァンド
12.

-

II. Scherzando

**:**
»  III. レント・エスプレッシーヴォ
13.

-

III. Lento espressivo

**:**
»  IV. フィナーレ
14.

-

IV. Finale

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1843年にワイマールで発明されたと言われる楽器、ユーフォニアム。ドイツやロシアの陸軍音楽隊では、しばしばバスーンのための作品をこの楽器で演奏するために編曲を行います。この録音はそのような編曲物から2つのオリジナル作品、そしてチャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」や、モーツァルト、ウェーバーのバスーン協奏曲からの編曲などさまざまな変容をお楽しみいただけます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。