ホーム > アルバム > 8.570764 シューベルト:ミサ曲第2番, 第4番/ドイツ・ミサ曲(インモータル・バッハ・アンサンブル/シュルト=イェンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570764
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フランツ・シューベルト Franz Schubert
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
イモータル・バッハ・アンサンブル Immortal Bach Ensemble , クリスティーネ・ヴェーラー Christine Wehler , モルテン・シュルト=イェンセン Morten Schuldt-Jensen , ルディガー・バルホルン Rudiger Ballhorn , マルクス・フライク Markus Flaig , トビアス・ベルント Tobias Berndt , ライムンド・ミナルシーク Raimund Minarschik , ライプツィヒ室内管弦楽団 Leipzig Chamber Orchestra , クラディア・ラインハルト Claudia Reinhard

シューベルト:ミサ曲第2番, 第4番/ドイツ・ミサ曲(インモータル・バッハ・アンサンブル/シュルト=イェンセン)

SCHUBERT, F.: Masses Nos. 2 and 4 / Deutsche Messe (Immortal Bach Ensemble, Schuldt-Jensen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570764

全トラック選択/解除

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
ミサ曲第4番 ハ長調 Op. 48 D. 452

Mass No. 4 in C Major, Op. 48, D. 452

録音: 10-12 September 2007, Paul-Gerhardtkirche, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/357189
**:**
»  キリエ
1.

-

Kyrie

**:**
»  グローリア
2.

-

Gloria

**:**
»  クレド - われは唯一の神を信ず
3.

-

Credo: Credo in unum Deum

**:**
»  クレド - 聖霊によりて
4.

-

Credo: Et incarnatus est

**:**
»  クレド - 復活
5.

-

Credo: Et resurrexit

**:**
»  サンクトゥス - 聖なるかな
6.

-

Sanctus: Sanctus, sanctus, sanctus

**:**
»  サンクトゥス - いと高きところにホザンナ
7.

-

Sanctus: Osanna in excelsis

**:**
»  ベネディクトゥス
8.

-

Benedictus

**:**
»  アニュス・デイ - 神の子羊
9.

-

Agnus Dei: Agnus Dei

**:**
»  アニュス・デイ - われらに平和を与えたまえ
10.

-

Agnus Dei: Dona nobis pacem

 
**:**
ミサ曲第2番 ト長調 D. 167

Mass No. 2 in G Major, D. 167

録音: 10-12 September 2007, Paul-Gerhardtkirche, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/357190
**:**
»  キリエ
11.

-

Kyrie

**:**
»  グローリア - いと高きにある神に栄光あれ
12.

-

Gloria: Gloria in excelsis Deo

**:**
»  グローリア - 神なる主
13.

-

Gloria: Domine Deus

**:**
»  クレド - われは唯一の神を信ず
14.

-

Credo: Credo in unum Deum

**:**
»  サンクトゥス - 聖なるかな
15.

-

Sanctus: Sanctus, sanctus, sanctus

**:**
»  サンクトゥス - いと高きところにホザンナ
16.

-

Sanctus: Osanna in excelsis

**:**
»  ベネディクトゥス - 主の御名において来るものを誉め讃えよ
17.

-

Benedictus: Benedictus qui venit

**:**
»  サンクトゥス - いと高きところにホザンナ
18.

-

Benedictus: Osanna in excelsis

**:**
»  アニュス・デイ
19.

-

Agnus Dei

 
**:**
ドイツ・ミサ曲 D. 872

Deutsche Messe, D. 872

録音: 10-12 September 2007, Paul-Gerhardtkirche, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/357191
**:**
»  Zum Eingang: Massig
20.

-

**:**
»  Zum Gloria: Mit Majestat
21.

-

**:**
»  Zum Evangelium und Credo: Nicht zu langsam
22.

-

**:**
»  Zum Offertorium: Sehr langsam
23.

-

**:**
»  Zum Sanctus: Sehr langsam
24.

-

**:**
»  Nach der Wandlung: Sehr langsam
25.

-

**:**
»  Zum Agnus Dei: Massig
26.

-

**:**
»  Schlussgesang: Nicht zu langsam
27.

-

**:**
»  Das Gebet des Herrn: Massig
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
8歳から7年間、聖歌隊で活躍したシューベルトはミサを知り尽くしていたため、自身でもいくつかの素晴らしい宗教作品を書きました。彼が完成させたミサ曲は6曲あり、第2番は1815年3月初めの作品でオーケストレーションの一部には彼の兄が手を加えているとも言われます。しかしその溢れ出る才能は到底汲みつくせるものではなく、簡素な中にも荘厳さを備え、また彼独自の豊かな歌心が随所に感じられます。本来の典礼文を少しだけ省略しているため、正式なミサ曲として用いることは困難ですが、そのせいで芸術的価値が損なわれるものではありません。1816年の6~7月に書かれた第4番は1825年にようやくウィーンで初演されましたが、ベネディクトゥスは後の1823年に改作され、なぜか小さな編成に変えられてしまいました(こちらはD961の独立した番号が与えられています)ドイツ・ミサは1826年から27年に書かれたもの。一見、驚くほど極めて単純な曲に見えますが、晩年のシューベルトらしい奥深く美しいメロディに彩られた名作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。