ホーム > アルバム > 8.570781 リゲティ:弦楽四重奏曲第1番、第2番/アンダンテとアレグレット(パーカー四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570781
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ジェルジ・リゲティ György Ligeti
アーティスト
パーカー四重奏団 Parker Quartet

リゲティ:弦楽四重奏曲第1番、第2番/アンダンテとアレグレット(パーカー四重奏団)

LIGETI, G.: String Quartets Nos. 1 and 2 / Andante and Allegretto (Parker Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570781

全トラック選択/解除

ジェルジ・リゲティ - György Ligeti (1923-2006)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 「夜の変容」

String Quartet No. 1, "Metamorphoses nocturnes"

録音: 1-3 October 2007, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/279320
**:**
»  アレグロ・グラツィオーソ - プレスト
1.

-

Allegro grazioso - Presto

**:**
»  プレスティッシモ - アンダンテ・トランクィーロ
2.

-

Prestissimo - Andante tranquillo -

**:**
»  テンポ・ディ・ワルツ、モデラート、コン・エレガンツァ、ウン・ポーコ・カプリチオーソ
3.

-

Tempo di valse, moderato, con eleganza, un poco capriccioso - Allegretto, un poco gioviale -

**:**
»  スービト・アレグロ・コン・モート - プレスティッシモ
4.

-

Subito allegro con moto - Prestissimo

 
**:**
弦楽四重奏曲第2番

String Quartet No. 2

録音: 1-3 October 2007, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/279321
**:**
»  I. アレグロ・ネルヴォーソ
5.

-

I. Allegro nervoso

**:**
»  II. ソステヌート、モルト・カルモ
6.

-

II. Sostenuto, molto calmo

**:**
»  III. コメ・ウン・メッカニスモ・ディ・プレチシオーネ
7.

-

III. Come un meccanismo di precisione

**:**
»  IV. プレスト・フリオーソ、ブルターレ、トゥムルトゥオーソ
8.

-

IV. Presto furioso, brutale, tumultuoso

**:**
»  V. アレグロ・コン・デリカテッツァ
9.

-

V. Allegro con delicatezza

 
**:**
アンダンテとアレグレット

Andante and Allegretto

録音: 1-3 October 2007, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/279322
**:**
»  アンダンテ・カンタービレ
10.

-

Andante cantabile

**:**
»  アレグレット・ポーコ・カプリチオーソ
11.

-

Allegretto poco capriccioso

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
よく「猟奇的」と評されるリゲティの音楽。しかし彼の多彩な音楽を表現するにはこんな言葉で足りるはずがありません。例えば「2001年宇宙の旅」で使われたいくつかの彼の音楽は、作曲家の名前を知らずとも、映画を見た人には強烈なインパクトを与えているはずです。ここに収録された弦楽四重奏曲はリゲティの作品の中では、あまり知名度の高いものではありませんが、作曲家の特性を存分に伝えてくれることでしょう。初期に書かれた「アンダンテとアレグレット」はシェーンベルクを思わせる驚くほどメロディアスな作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。