ホーム > アルバム > 8.570788 ブルックナー:弦楽五重奏曲 ヘ長調/弦楽四重奏曲 ハ短調(ファイン・アーツ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570788
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
ジル・シャロン Gil Sharon , ファイン・アーツ四重奏団 Fine Arts Quartet

ブルックナー:弦楽五重奏曲 ヘ長調/弦楽四重奏曲 ハ短調(ファイン・アーツ四重奏団)

BRUCKNER, A.: String Quintet in F Major / String Quartet in C Minor (Fine Arts Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570788

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
弦楽五重奏曲 ヘ長調 WAB 112

String Quintet in F Major, WAB 112

録音: 22-24 September 2007, Salle du Parlement, Besancon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/240506
**:**
»  I. 節度をもって
1.

-

I. Gemassigt

**:**
»  II. スケルツォ - シュネル - トリオ - ゆっくりと
2.

-

II. Scherzo: Schnell - Trio: Langsamer

**:**
»  III. アダージョ
3.

-

III. Adagio

**:**
»  IV. フィナーレ - 活き活きと動きを持って
4.

-

IV. Finale: Lebhaft bewegt

 
**:**
間奏曲 ニ短調 WAB 113
5.

Intermezzo in D Minor, WAB 113

録音: 22-24 September 2007, Salle du Parlement, Besancon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/240507
 
**:**
弦楽四重奏曲 ハ短調 WAB 111

String Quartet in C Minor, WAB 111

録音: 22-24 September 2007, Salle du Parlement, Besancon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/240508
**:**
»  I. アレグロ・モデラート
6.

-

I. Allegro moderato

**:**
»  II. アンダンテ
7.

-

II. Andante

**:**
»  III. スケルツォ - プレスト
8.

-

III. Scherzo: Presto

**:**
»  IV. ロンド - シュネル
9.

-

IV. Rondo: Schnell

 
**:**
ロンド ハ短調(弦楽四重奏曲ハ短調 WAB 111 - フィナーレ)
10.

Rondo in C Minor (alternative Finale for String Quartet in C Minor, WAB 111)

録音: 22-24 September 2007, Salle du Parlement, Besancon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/240509
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ラヴィ 投稿日:2009/08/02
5重奏曲を聞いた瞬間にブルックナーの世界に入ってしまいます。交響曲も良いのですが、たまにはこのようなブルックナーの室内楽を楽しむのもブルックナーファンとしては音楽を聞く楽しみの一つです。ブルックナーらしく大自然を感じさせるのびやかな無限の メロディーが続きます。一人で何かを考えたい時に 聞いています。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ウィーンの著名なヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヘルメスベルガーの提案により書かれた弦楽五重奏曲は、あの第5番と第6番の交響曲と同じ時期に書かれました。編成こそ小さいものの、これは紛れもなく「交響曲」の様相を呈しています。何しろ、第1主題を全部聴くまでもなく、「ああ、これはブルックナーだな」と心から感じる事ができるはずですから。ちなみに第2楽章のスケルツォは、トラック5の間奏曲に置き換えて演奏してもいいのだそうです。もう少し初期に書かれた弦楽四重奏曲はシューベルト風。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。