ホーム > アルバム > 8.570790 テュイレ:六重奏曲/ピアノ五重奏曲(ルイジ/シャンティリー五重奏団/ジーリ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570790
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルートヴィヒ・トゥイレ Ludwig Thuille
アーティスト
ジーリ四重奏団 Gigli Quartet , シャンティリー五重奏団 Chantily Quintet , ジャンルカ・ルイージ Gianluca Luisi

テュイレ:六重奏曲/ピアノ五重奏曲(ルイジ/シャンティリー五重奏団/ジーリ四重奏団)

THUILLE, L.: Sextet / Piano Quintet (Luisi, Chantily Quintet, Gigli Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570790

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・トゥイレ - Ludwig Thuille (1861-1907)

**:**
六重奏曲 変ロ長調 Op. 6

Sextet in B-Flat Major, Op. 6

録音: 27-30 April 2008, August-Everding-Saal, Musikschule Grunwald, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/280358
**:**
»  I. アレグロ・モデラート
1.

-

I. Allegro moderato

**:**
»  II. ラルゲット
2.

-

II. Larghetto

**:**
»  III. ガヴォット - アンダンテ、クアジ・アレグレット
3.

-

III. Gavotte: Andante, quasi Allegretto

**:**
»  IV. フィナーレ - ヴィヴァーチェ
4.

-

IV. Finale: Vivace

 
**:**
ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op. 20

Piano Quintet in E-Flat Major, Op. 20

録音: 27-30 April 2008, August-Everding-Saal, Musikschule Grunwald, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/280429
**:**
»  I. アレグロ・コン・ブリオ
5.

-

I. Allegro con brio

**:**
»  II. アダージョ・アッサイ・ソステヌート
6.

-

II. Adagio assai sostenuto

**:**
»  III. アレグロ
7.

-

III. Allegro

**:**
»  IV. フィナーレ - クアジ・カデンツァ - アレグロ・リゾルート
8.

-

IV. Finale: Quasi Cadenza - Allegro risoluto

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
オーストリア出身の音楽教育家、作曲家テュイレ(本来はフランス系の家系なのでテュイユが正しい)はR.シュトラウスの親友として知られています。ミュンヘン楽派の一人として数えられることもありますが、作風はかなり保守的で、日本ではルドルフ・ルーイとの共著である音楽理論書『和声学』の方が知られているかもしれません。ここに収録された2曲の室内楽作品は比較的知られているもので、確かに六重奏曲はラインベルガーやリスト、ワーグナーの影響を受けていることは間違いありませんが、その後に書かれたピアノ五重奏曲はなかなか雄大で劇的な展開を有しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。