ホーム > アルバム > 8.570827 ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番, 第2番/ヴァイオリン・ソナタ第1番(ヴィオラ編)(ディアス/デンク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570827
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
編曲者
チャバ・エルデーイ Csaba Erdelyi
アーティスト
ロベルト・ディアス Roberto Díaz , ジェレミー・デンク Jeremy Denk

ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番, 第2番/ヴァイオリン・ソナタ第1番(ヴィオラ編)(ディアス/デンク)

BRAHMS, J.: Viola Sonatas Nos. 1 and 2 / Violin Sonata No. 1 (arr. for viola) (Diaz, Denk)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570827

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 「雨の歌」 Op. 78 (C. エルデーイによるヴィオラ編)

Violin Sonata No. 1 in G Major, Op. 78 (arr. C. Erdelyi for viola)

録音: 27-28 August 2008, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Centre, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386615
**:**
»  I. Vivace non troppo
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto moderato
3.

-

 
**:**
ヴィオラ・ソナタ第1番 ヘ短調 Op. 120

Viola Sonata No. 1 in F Minor, Op. 120

録音: 27-28 August 2008, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Centre, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386607
**:**
»  I. Allegro appassionato
4.

-

**:**
»  II. Andante un poco adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegretto grazioso
6.

-

**:**
»  IV. Vivace
7.

-

 
**:**
ヴィオラ・ソナタ第2番 変ホ長調 Op. 120

Viola Sonata No. 2 in E-Flat Major, Op. 120

録音: 27-28 August 2008, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Centre, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386608
**:**
»  I. Allegro amabile
8.

-

**:**
»  II. Allegro appassionato
9.

-

**:**
»  III. Andante con moto
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
もともと渋い作品を書いていたブラームスですが、晩年になってその傾向は一層強まりました。ここに収録されたヴィオラ・ソナタは1894年に作曲されたもので、彼による最後のソナタ形式の作品でもあります。その少し前から創作意欲が衰えてしまっていたブラームス、一度は作曲活動を断念するのですが、1891年に名クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトと知り合い、彼の演奏に感銘を受けたことで、また「作曲するぞ」という気持ちが芽生えます。これによって生まれたのがクラリネット三重奏曲op.114とクラリネット五重奏曲op.115、そしてクラリネット・ソナタop.120でした。1895年1月7日にウィーンでミュールフェルトのクラリネットとブラームス自身のピアノによって行われ、その直後に、このアルバムに収録されたヴィオラ版として作曲家自身の手で編曲が行われました。まるで秋の高く澄みきった空を思わせる深い曲調が今でも広く愛されている名曲です。ヴァイオリン・ソナタ第1番の編曲版は、ハンガリーの奏者エルデーイの編曲によるものです。移調されているせいか、原曲の持つ落ち着いた美しさが一層強調されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。