ホーム > アルバム > 8.570942 ルビンシテイン:ピアノ作品集 2 - ドレスデンの思い出/2つのメロディ/2つの小品/折句第1番(バノウェツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570942
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アントン・ルビンシテイン Anton Rubinstein
アーティスト
ジョセフ・バノウェツ Joseph Banowetz

ルビンシテイン:ピアノ作品集 2 - ドレスデンの思い出/2つのメロディ/2つの小品/折句第1番(バノウェツ)

RUBINSTEIN, A.: Piano Music (1852-1894) (Banowetz) - Souvenir de Dresde / Akrostichon No. 1

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570942

全トラック選択/解除

アントン・ルビンシテイン - Anton Rubinstein (1829-1894)

**:**
ロシアのセレナード
1.

Russian Serenade

録音: 17-18 March, 3-4 November 2008, Skywalker Sound, Marin County, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355559
 
**:**
2つのメロディ Op. 3

2 Melodies, Op. 3

録音: 17-18 March, 3-4 November 2008, Skywalker Sound, Marin County, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355560
**:**
»  Melody No. 1 in F Major
2.

-

**:**
»  Melody No. 2 in B Major
3.

-

 
**:**
ドレスデンの思い出 Op. 118

Souvenir de Dresde, Op. 118

録音: 17-18 March, 3-4 November 2008, Skywalker Sound, Marin County, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355561
**:**
»  No. 1. Simplicitas
4.

-

**:**
»  No. 2. Appassionata
5.

-

**:**
»  No. 3. Novellette
6.

-

**:**
»  No. 4. Caprice
7.

-

**:**
»  No. 5. Nocturne
8.

-

**:**
»  No. 6. Polonaise
9.

-

 
**:**
2つの小品 Op. 26

2 Pieces, Op. 26

録音: 17-18 March, 3-4 November 2008, Skywalker Sound, Marin County, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355562
**:**
»  No. 1. Romance in F Major
10.

-

**:**
»  No. 2. Impromptu in A Minor
11.

-

 
**:**
折句第1番 Op. 37

Akrostichon No. 1, Op. 37

録音: 17-18 March, 3-4 November 2008, Skywalker Sound, Marin County, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355563
**:**
»  No. 1. L
12.

-

**:**
»  No. 2. A
13.

-

**:**
»  No. 3. U
14.

-

**:**
»  No. 4. R
15.

-

**:**
»  No. 5. A
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
ピアノ作品集第1集(8.570941)が好評のロシアのピアニスト&作曲家、アントン・ルビンシテインの作品集です。この第2集は23歳の時に書かれた、有名な「へ調のメロディ」から、亡くなる年に書かれた「ドレスデンの思い出」まで、作曲家の長い経歴を慮る作品を網羅しています。演奏するのは、GRAMMY賞も受賞した名手、バノヴェツ。彼の明晰なピアニズムによって、どの曲にもくまなく光が当てられています。トラック1の「ロシア風セレナーデ」の重苦しくも切ないメロディは、いかなる時もロシア風ですが、どことなく日本の演歌に通じるものがあるような気がしませんか?また、相変わらず色々な物が織り込まれている「折句」での甘い囁き風のメロディにも心惹かれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。