ホーム > アルバム > 8.570963 シュポア:複弦楽四重奏曲第1番、第2番(フォード・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570963
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルイ・シュポア Louis Spohr
アーティスト
フォード・アンサンブル Forde Ensemble

シュポア:複弦楽四重奏曲第1番、第2番(フォード・アンサンブル)

SPOHR, L.: Double String Quartets, Vol. 1 (Forde Ensemble) - Nos. 1 and 2

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570963

全トラック選択/解除

ルイ・シュポア - Louis Spohr (1784-1859)

**:**
複弦楽四重奏曲第1番 ニ短調 Op. 65

Double String Quartet No. 1 in D Minor, Op. 65

録音: 15-16 January 2008, St Mark’s Church, Purley, Surrey, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284439
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Vivace
2.

-

**:**
»  III. Larghetto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro molto
4.

-

 
**:**
複弦楽四重奏曲第2番 変ホ長調 Op. 77

Double String Quartet No. 2 in E-Flat Major, Op. 77

録音: 15-16 January 2008, St Mark’s Church, Purley, Surrey, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284442
**:**
»  I. Allegro vivace
5.

-

**:**
»  II. Menuetto and Trio
6.

-

**:**
»  III. Larghetto
7.

-

**:**
»  IV. Allegretto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ヴァイオリニスト、指揮者としてヨーロッパ全土を席巻したルイ・シュポアは、その生涯に48曲の弦楽アンサンブルのための作品を書きました。その中でも特異なものが、ここに収録された「複弦楽四重奏曲」です。楽器の編成はメンデルスゾーンの八重奏曲と同じなのですが、シュポア自身の言葉によると「メンデルスゾーンの作品は2つの四重奏の協調ではなく、8つの楽器の全てが同等に書かれているので、意味合いが全く違う」のだそうです。彼がヴァイオリニスト、アンドレアス・ロンベルク(高名なチェリスト、ベルンハルト・ロンベルクの従兄)と弦楽四重奏曲を演奏した時に、「2つの弦楽四重奏団が共に響きあったらどんなに素晴らしい音楽ができるのだろう」と思いついたのだとか。そんな工夫が凝らされた厚みのある響きをどうぞお楽しみください。2つの弦楽四重奏団の各々の奏者が紡ぎ出す音。ある時にはぶつかり合い、ある時には溶け合いつつ耳を通り過ぎていく。という稀有な体験があなたを待っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。