ホーム > アルバム > 8.570984 リスト:ピアノ曲全集 30 - イタリアの夜会/パガニーニ練習曲/ロッシーニとスポンティーニの主題による華麗な即興曲(ルイジ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570984
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フランツ・リスト Franz Liszt
アーティスト
ジャンルカ・ルイージ Gianluca Luisi

リスト:ピアノ曲全集 30 - イタリアの夜会/パガニーニ練習曲/ロッシーニとスポンティーニの主題による華麗な即興曲(ルイジ)

LISZT, F.: Soirees italiennes / Paganini Etudes / Rossini and Spontini Impromptu (Liszt Complete Piano Music, Vol. 30) (Luisi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.570984

全トラック選択/解除

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
イタリアの夜会 S411/R220

Soirees italiennes, S411/R220

録音: 9-11 June 2008, Bösendorfer Hall, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/289488
**:**
»  第1番 春 - カンツォネッタ
1.

-

No. 1. La primavera: Canzonetta

**:**
»  第2番 ギャロップ
2.

-

No. 2. Il galop

**:**
»  第3番 スイスの羊飼い - ティロレーゼ
3.

-

No. 3. Il pastore svizzero: Tirolese

**:**
»  第4番 船乗りのセレナード
4.

-

No. 4. La serenata del marinaro

**:**
»  第5番 乾杯 - ロンドレット
5.

-

No. 5. Il brindisi: Rondoletto

**:**
»  第6番 スペインのジプシーの娘 - ボレロ
6.

-

No. 6. La zingarella spagnola: Bolero

 
**:**
パガニーニ大練習曲 S141/R3b (抜粋)

Grandes Etudes de Paganini, S141/R3b (excerpts)

録音: 9-11 June 2008, Bösendorfer Hall, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/289553
**:**
»  第1番 ト短調
7.

-

No. 1 in G Minor

**:**
»  第4番 ホ長調
8.

-

No. 4 in E Major

**:**
»  第6番 イ短調
9.

-

No. 6 in A Minor

 
**:**
ロッシーニとスポンティーニの主題による華麗な即興曲 S150/R29
10.

Impromptu brillant sur des themes de Rossini et Spontini, S150/R29

録音: 9-11 June 2008, Bösendorfer Hall, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/289554
 
**:**
ロッシーニの主題による7つの華麗な変奏曲 S149/R28
11.

Sept variations brillantes sur un theme de Rossini, S149/R28

録音: 9-11 June 2008, Bösendorfer Hall, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/289560
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
リストは自身の超絶技巧を誇示するために、同時代の多くの作曲家の作品を自らの手で華麗なピアノ曲へと変貌させました。このメルカダンテのモティーフによる「イタリアの夜会」は1838年に作曲されたもので、リストがこの曲を演奏することで、当時初演されたメルカダンテの歌劇「誓い」の評判をより一層高めることに成功したと言われます。1840年代にヴェルディの作品が台頭してくるまでは確かにメルカダンテが一番のオペラ作曲家でした。パガニーニ大練習曲は、曲集の中に有名な「ラ・カンパネラ」を含むもので、きらめくような超絶技巧が散りばめられています(CDにはS140と表記がありますが実際はS141の改訂版による演奏です。ご了承ください)。他にはロッシーニとスポンティーニの主題による作品も収録。いずれも13歳の時に書かれた才気あふれる華麗な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。