ホーム > アルバム > 8.571251 ビレット・ベートーヴェン・エディション 1 - ピアノ・ソナタ集 1 - 第1番, 第2番, 第19番, 第20番

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.571251
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
イディル・ビレット Idil Biret

ビレット・ベートーヴェン・エディション 1 - ピアノ・ソナタ集 1 - 第1番, 第2番, 第19番, 第20番

BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 1 (Biret) - Nos. 1, 2, 19, 20 (Biret Beethoven Edition, Vol. 1)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.571251

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ・ソナタ第1番 ヘ短調 Op. 2, No. 1

Piano Sonata No. 1 in F Minor, Op. 2, No. 1

録音: May and September 2002, Brussels, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/261206
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Prestissimo
4.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第2番 イ長調 Op. 2, No. 2

Piano Sonata No. 2 in A Major, Op. 2, No. 2

録音: May and September 2002, Brussels, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/261207
**:**
»  I. Allegro vivace
5.

-

**:**
»  II. Largo appassionato
6.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegretto - Trio
7.

-

**:**
»  IV. Rondo: Grazioso
8.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第19番 ト短調 Op. 49, No. 1

Piano Sonata No. 19 in G Minor, Op. 49, No. 1

録音: May and September 2002, Brussels, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/261208
**:**
»  I. Andante
9.

-

**:**
»  II. Rondo: Allegro
10.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第20番 ト長調 Op. 49, No. 2

Piano Sonata No. 20 in G Major, Op. 49, No. 2

録音: May and September 2002, Brussels, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/261209
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
11.

-

**:**
»  II. Tempo di menuetto
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/06/01
トルコの女性ピアニスト、イディル・ビレットのベートーヴェン(1770-1827)のピアノ・ソナタ第1集です。ここでは作品番号Op.2の2つのソナタと、ソナチネ・アルバムでおなじみの「小さいソナタ」Op.49の2曲です。Op.1はベートーヴェンが23~25歳頃に作曲、またOp.49も、出版こそ1805年になってからですが、作曲されたのは25~27歳頃と、初期の作品群です。まだハイドンなどの影響も感じられますが、ヘ短調のスケールの大きさは、さすがベートーヴェンです。このアルバムでは、ビレットはフォルティシモを極力使わず、抑制された表現でこれらのソナタを奏します。この穏やかで感覚的な響きは本当に魅力的です。彼女の師が、あのヴィルヘルム・ケンプであったことを誰もが納得することでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。