ホーム > アルバム > 8.571264-65 ビレット・ベートーヴェン・エディション 14, 15 - 交響曲集(編曲:F. リスト) 5, 6 - 第6番「田園」, 第9番「合唱付き」

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.571264-65
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フランツ・リスト Franz Liszt
アーティスト
イディル・ビレット Idil Biret

ビレット・ベートーヴェン・エディション 14, 15 - 交響曲集(編曲:F. リスト) 5, 6 - 第6番「田園」, 第9番「合唱付き」

BEETHOVEN, L. van: Symphonies (arr. F. Liszt for piano), Vol. 5, 6 (Biret) - Nos. 6, "Pastoral" and 9, "Choral" (Biret Beethoven Edition, Vol. 14, 15)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.571264-65

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
ベートーヴェン - 交響曲第6番 ヘ長調 「田園」 S464/R128

Beethoven - Symphony No. 6 in F Major, S464/R128, "Pastoral"

録音: April 1986, Brussels, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/348237
**:**
»  I. Awakening of Cheerful Feelings Upon Arrival in the Country: Allegro ma non troppo
1.

-

**:**
»  II. Scene by the Brook: Andante molto mosso
2.

-

**:**
»  III. Merry Gathering of Country Folk: Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Thunderstorm: Allegro
4.

-

**:**
»  V. Shepherd's Song: Happy and Thankful Feelings after the Storm: Allegretto
5.

-

 
**:**
ベートーヴェン - 交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 S464/R128

Beethoven - Symphony No. 9 in D Minor, S464/R128, "Choral"

録音: April 1986, Brussels, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/348238
**:**
»  I. Allegro ma non troppo, un poco maestoso
6.

-

Disc 2

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
ベートーヴェン - 交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 S464/R128

Beethoven - Symphony No. 9 in D Minor, S464/R128, "Choral"

録音: April 1986, Brussels, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/348238
**:**
»  II. Molto vivace
1.

-

**:**
»  III. Adagio molto e cantabile - Andante moderato
2.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/06/01
ベートーヴェン(1770-1827)の偉大なる交響曲を、華麗なピアノ・ソロへと凝縮したのは、ご存知ピアノの魔術師フランツ・リストです。ここで聴けるのは、第6番「田園」と第9番「合唱」で、どこから聴いても驚くことばかり。オーケストラの響きを余すことなくピアノで表現するなんて、まさに魔術師ですね。さて、このビレットの演奏。第9のおなじみのテーマが驚くほど遅いテンポで演奏されたりと、特異な世界を形成しています(例えばシチェルバコフの演奏と聴き比べていただければ面白いかもしれません)。指揮者で言えばクレンペラー?とにかく個性的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。