ホーム > アルバム > 8.571278 ビレット・アーカイヴ・エディション 5 - マーラー:ピアノ四重奏曲/フランク:ピアノ五重奏曲(ロンドン弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.571278
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
セザール・フランク César Franck , グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
イディル・ビレット Idil Biret , ロンドン弦楽四重奏団 London String Quartet

ビレット・アーカイヴ・エディション 5 - マーラー:ピアノ四重奏曲/フランク:ピアノ五重奏曲(ロンドン弦楽四重奏団)

MAHLER, G.: Piano Quartet / FRANCK, C.: Piano Quintet (Biret Archive Edition, Vol. 5)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.571278

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
ピアノ四重奏曲 イ短調
1.

Piano Quartet in A Minor

録音: September 1980, CBS Studios, London, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/404198

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
ピアノ五重奏曲 ヘ短調 M. 7

Piano Quintet in F Minor, M. 7

録音: September 1980, CBS Studios, London, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/404199
**:**
»  I. Molto moderato quasi lento
2.

-

**:**
»  II. Lento, con molto sentimento
3.

-

**:**
»  III. Allegro non troppo ma con fuoco
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/07/07
ピアノ四重奏曲(断章)で1860/7/7生まれのグスタフ・マーラー生誕150年を祝いましょう。マーラーの作品はスケールの大きな交響曲や歌曲が殆どで、他のジャンルの作品で現存するものは殆ど無いだけに断片の1楽章とはいえ、このピアノ四重奏曲は大変めずらしく貴重な作品と言えるでしょう。16才のマーラーがウィーンの音楽院生のときに作曲した哀感ただよう真に美しい作品です。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/08/01
ビレットの幅広いレパートリーを示す、珍しい室内楽作品の演奏です。マーラーの作品は、彼がウィーン音楽院に在学していた16歳の頃に書かれた単一楽章の曲で、作曲科の試験に提出するために書かれたとされています。本来は4楽章形式で構想されたと言われますが、第3楽章スケルツォの断片が残っているのみで、他は紛失したようです。この楽章のみ、未亡人アルマの遺品から発見されました。後年の作風のような重厚さは見られないものの、終わり近くに現れるヴァイオリンの悲劇的なカデンツァが未来を予見させます。もう1曲のフランクは、渋さの権化のような作品ですが、ビレットの演奏は、フランク特有の旋律美を面白いほどに感じさせてくれる説得力あるものです。またロンドン弦楽四重奏団も素晴らしい。現れては消える緊張感漲るメロディを追っていくうちに、この曲が好きになること間違いなし。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。