ホーム > アルバム > 8.571305 ビレット・チェンバー・ミュージック・エディション 1 - シューマン:ピアノ五重奏曲/交響的練習曲(ボルサン四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.571305
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann
アーティスト
イディル・ビレット Idil Biret , ボルサン四重奏団 Borusan Quartet

ビレット・チェンバー・ミュージック・エディション 1 - シューマン:ピアノ五重奏曲/交響的練習曲(ボルサン四重奏団)

SCHUMANN, R.: Piano Quintet / Symphonic Etudes (Biret Chamber Music Edition, Vol. 1)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.571305

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op. 44

Piano Quintet in E-Flat Major, Op. 44

録音: May 2014, Clara-Wieck-Auditorium, Sandhausen-Heidelberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3813155
**:**
»  I. Allegro brillante
1.

-

**:**
»  II. In modo d'una marcia - Un poco largamente - agitato
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Molto vivace - Trio I - Trio II - L'istesso tempo
3.

-

**:**
»  IV. Allegro, ma non troppo
4.

-

 
**:**
交響的練習曲 Op. 13

Etudes symphoniques (Symphonic Etudes), Op. 13

録音: May 2014, Clara-Wieck-Auditorium, Sandhausen-Heidelberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3855165
**:**
»  Thema: Andante
5.

-

**:**
»  Etude 1: Un poco più vivo
6.

-

**:**
»  Etude 2: Espressivo
7.

-

**:**
»  Etude 3: Vivace
8.

-

**:**
»  Etude 4
9.

-

**:**
»  Etude 5: Scherzando
10.

-

**:**
»  Anhang Variation 1
11.

-

**:**
»  Anhang Variation 2
12.

-

**:**
»  Anhang Variation 5
13.

-

**:**
»  Etude 6: Agitato
14.

-

**:**
»  Etude 7: Allegro molto
15.

-

**:**
»  Etude 8: Sempre marcatissimo
16.

-

**:**
»  Anhang Variation 3
17.

-

**:**
»  Anhang Variation 4
18.

-

**:**
»  Etude 9: Presto possibile
19.

-

**:**
»  Etude 10: Sempre con energia
20.

-

**:**
»  Etude 11: Con espressione
21.

-

**:**
»  Etude 12: Finale: Allegro brillante
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/10/01
トルコの名ピアニスト、イディル・ビレットの最新録音はシューマン(1810-1856)のピアノ五重奏曲と交響的練習曲という組み合わせ。このピアノ五重奏曲が素晴らしい出来栄え。思いの他落ち着いたテンポ設定と、たっぷりとした美しい音色は、シューマンのこの悩ましい世界を完璧に表現しています。共演しているボルサン弦楽四重奏団は2005年に設立されたトルコのアンサンブルですが、アルバン・ベルク四重奏団やジュリアード四重奏団のマスタークラスに参加し、その技術と表現力に磨きをかけた人たち。このシューマンではビレットの錚々たるピアノと真っ向から立ち向かい、納得の演奏を繰り広げています。後半の「交響的練習曲」はビレットの個性的な持ち味が炸裂。ねっとりと聞かせるビレット節をたっぷりとお楽しみください。なお遺作の5曲は曲中に挟みこまれる形で演奏されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。