ホーム > アルバム > 8.571355 ブリッジ:ピアノ五重奏曲/スコット:ピアノ五重奏曲第1番(テッローニ/ビンガム四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.571355
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
シリル・スコット Cyril Scott , フランク・ブリッジ Frank Bridge
アーティスト
ラファエル・テッローニ Raphael Terroni , ビンガム四重奏団 Bingham Quartet

ブリッジ:ピアノ五重奏曲/スコット:ピアノ五重奏曲第1番(テッローニ/ビンガム四重奏団)

BRIDGE, F.: Piano Quintet / SCOTT, C.: Piano Quintet No. 1 (Terroni, Bingham Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.571355

全トラック選択/解除

フランク・ブリッジ - Frank Bridge (1879-1941)

**:**
ピアノ五重奏曲 ニ短調

Piano Quintet in D Minor

録音: 4-6 September 1989, St Silas the Martyr, Chalk Farm, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4479047
**:**
»  I. Adagio - Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio ma non troppo - Allegro con brio - Adagio ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Allegro energico
3.

-

シリル・スコット - Cyril Scott (1879-1970)

**:**
ピアノ五重奏曲第1番

Piano Quintet No. 1

録音: 4-6 September 1989, St Silas the Martyr, Chalk Farm, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4479048
**:**
»  I. Andante con esaltazione
4.

-

**:**
»  II. Allegro grazioso ma non troppo
5.

-

**:**
»  III. Adagio con gran espressione
6.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con molto spirito
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/11/01
数多いイギリスの作曲家の中でも「独自の前衛音楽」を書くことに拘ったとされるフランク・ブリッジ。その理由は、他の作曲家たちがイギリス民謡に依拠しても、彼はヨーロッパの新音楽を好み、こちらから着想を得ていたからだとされているようです。しかし彼の作風が前衛的になったのは、第1次世界大戦の後のことであり、若い頃はスタンフォードやブラームスなどの影響がよくわかる極めてロマンティックな作品を書いていました。このピアノ五重奏もそんな作品の一つで、全編抒情的で、時にはラフマニノフを思わせるような力強いロマンティシズムが漲っています。ブリッジと同じ年に生まれたシリル・スコットは、生前あまり顧みられなかった人ですが、最近になって評価が高まっていることで知られています。彼の作品はどれも控えめな美しさに満ちていて、幾分ドビュッシーを思わせる印象派風の和声があったりと、なかなか侮れないものばかりです。この「ピアノ五重奏曲」も冒頭では静かな水面を思わせる音楽なのですが、曲が進むにつれ、少しずつ不可解な世界が形成されていきます。この境目はとても曖昧で、いつしか迷いの森に足を踏み入れてしまったかのよう。神秘的なものを愛したという作曲家の、好みの片鱗が見えるような極めて豊かな音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。