ホーム > アルバム > 8.571367 マッケイブ:ピアノ作品集 - 変奏曲 Op. 22/スタディ第3番, 第4番, 第6番/5つのバガテル/ハイドン変奏曲(マッケイブ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.571367
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ジョン・マッケイブ John McCabe
アーティスト
ジョン・マッケイブ John McCabe

マッケイブ:ピアノ作品集 - 変奏曲 Op. 22/スタディ第3番, 第4番, 第6番/5つのバガテル/ハイドン変奏曲(マッケイブ)

McCABE, J.: Piano Music - Variations, Op. 22 / Studies No. 3, 4 and 6 / 5 Bagatelles / Haydn Variations (McCabe)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.571367

全トラック選択/解除

ジョン・マッケイブ - John McCabe (1939-2015)

**:**
変奏曲 Op. 22
1.

Variations, Op. 22

録音: 21 and 28 March 1998, Bishopsgate Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4247646
 
**:**
オーバード
2.

Aubade, "Study No. 4"

録音: 21 and 28 March 1998, Bishopsgate Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4247901
 
**:**
スタディ第3番 「ガウディ」
3.

Gaudi, "Study No. 3"

録音: 21 and 28 March 1998, Bishopsgate Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4247902
 
**:**
5つのバガテル

5 Bagatelles

録音: 21 and 28 March 1998, Bishopsgate Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4247903
**:**
»  No. 1. Capriccio
4.

-

**:**
»  No. 2. Aria
5.

-

**:**
»  No. 3. Elegia
6.

-

**:**
»  No. 4. Toccata
7.

-

**:**
»  No. 5. Notturno
8.

-

 
**:**
スタディ第6番 「モザイク」
9.

Mosaic, "Study No. 6"

録音: 21 and 28 March 1998, Bishopsgate Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4247904
 
**:**
ハイドン変奏曲
10.

Haydn Variations

録音: 21 and 28 March 1998, Bishopsgate Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4247905
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/07/01
先頃、惜しまれつつこの世を去った、作曲家、ピアニスト、ジョン・マッケイブ(1939-2015)。彼は2010年に「最後の公開ピアノ・リサイタル」を開催して、ピアニストの活動から事実上の引退宣言をしていました。そんなマッケイブのこのアルバムは、1998年に録音された「自作自演集」です。もともとBMS=British Music Society(マッケイブが会長を務める、イギリスの知られざる作曲家を紹介するために設立されたレーベル)に録音されたアルバムであり、まさにマッケイブを知るための1枚なのです。各々の作品については、聞いていただくのが一番なのですが、かの名ピアニスト、ジョン・オグドンがマッケイブの作品に心酔したことからもわかる通り、超絶技巧を駆使し、また極めて学究的で、細部も考え抜かれた精巧かつ複雑な音楽が展開されているものばかりです。まるで巨大な建造物を思わせるマッケイブの作品、ぜひ体験してみてください。とりわけ演奏時間に30分近くを要する「ハイドン変奏曲」の圧倒的な音の羅列は一度味わったらやめられません。ただし、そのハイドンの主題はかなり変形されているので、探し出すまでに曲が終わってしまうかも知れませんが。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。