ホーム > アルバム > 8.571373 スクワイア:チェロとピアノのための小品集(グレッドヒル/今井正)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.571373
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ウィリアム・ヘンリー・スクワイア William Henry Squire
アーティスト
今井正 Tadashi Imai , オリヴァー・グレッドヒル Oliver Gledhill

スクワイア:チェロとピアノのための小品集(グレッドヒル/今井正)

SQUIRE, W.H.: Miniatures for Cello and Piano (Gledhill, Tadashi Imai)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.571373

全トラック選択/解除

ウィリアム・ヘンリー・スクワイア - William Henry Squire (1871-1963)

**:**
ロマンス Op. 5, No. 1
1.

Romance, Op. 5, No. 1

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853513
 
**:**
ガヴォット・ユモレスク Op. 6
2.

Gavotte humoristique, Op. 6

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853514
 
**:**
舞踏会の情景 Op. 8
3.

Scène de Bal, Op. 8

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853515
 
**:**
セレナード Op. 15
4.

Sérénade, Op. 15

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853516
 
**:**
メヌエット Op. 19, No. 3
5.

Minuet, Op. 19, No. 3

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853517
 
**:**
マズルカ Op. 19, No. 4
6.

Mazurka, Op. 19, No. 4

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853518
 
**:**
ゴンドリエラ Op. 20, No. 2
7.

Gondoliera, Op. 20, No. 2

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853519
 
**:**
素朴な踊り Op. 20, No. 5
8.

Danse rustique, Op. 20, No. 5

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853520
 
**:**
シャンソネット Op. 22
9.

Chansonnette, Op. 22

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853521
 
**:**
タランテッラ ニ短調 Op. 23
10.

Tarantella in D Minor, Op. 23

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853522
 
**:**
告別(ロマンス)
11.

L'Adieu (Romance)

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853523
 
**:**
ツィグ=ツィグ
12.

Tzig-Tzig

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853524
 
**:**
ブーレ Op. 24
13.

Bourree, Op. 24

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853525
 
**:**
ユモレスク ヘ長調 Op. 26
14.

Humoresque in F Major, Op. 26

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853526
 
**:**
6つのメロディックな小品(抜粋)

6 Morceaux Melodiques (excerpts)

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853527
**:**
»  No. 1. Canzonetta
15.

-

**:**
»  No. 2. Danse orientale
16.

-

**:**
»  No. 3. Elégie
17.

-

**:**
»  No. 4. Madrigal
18.

-

**:**
»  No. 6. Harlequinade
19.

-

 
**:**
祈り
20.

Prière

録音: 26-27 October 2015, The Wathen Hall, St. Paul's School, Barnes, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4853528
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/05/01
1890年代後半から1920年代後半にかけて、英国で活躍したチェロ奏者ヘンリー・スクワイア(1871-1963)。11歳で王立音楽院の奨学金を得て、エドワード・ハウエルにチェロを学び、ハウエルの死後は音楽学校の教師を務め、またコヴェントガーデンとクィーンズ・ホール管弦楽団の首席チェロ奏者としても活躍しました。HMV(1898-1914)と英コロンビア(1914-1929)に200曲以上の録音を残しており、日本では、その中のヘンデルの「ラルゴ」やマリの「金婚式」などが良く知られています。実は、彼自身も若い頃(18歳から33歳くらいまでの間)に、数多くのコンサート・ピースを作曲していて、これらは彼の持ち味であるポルタメント(2つの音の間を滑らかに繋げて、情感を込める奏法)が多用された、親しみやすく平易な作風のものばかり。ピアノ伴奏を務めている今井正氏はロンドン在住。独奏と室内楽の両面で活躍している人です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。