ホーム > アルバム > 8.572013 ピツェッティ:夏の協奏曲/管弦楽のための3部作「パンアテネの祭り」(テッサローニキ州立響/ミカイリディス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572013
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
イルデブランド・ピツェッティ Ildebrando Pizzetti
アーティスト
テッサローニキ州立交響楽団 Thessaloniki State Symphony Orchestra , マイロン・ミカイリディス Myron Michailidis

ピツェッティ:夏の協奏曲/管弦楽のための3部作「パンアテネの祭り」(テッサローニキ州立響/ミカイリディス)

PIZZETTI, I.: Concerto dell'estate / La festa delle Panatenee (Thessaloniki State Symphony, Michailidis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572013

全トラック選択/解除

イルデブランド・ピツェッティ - Ildebrando Pizzetti (1880-1968)

**:**
夏の協奏曲

Concerto dell'estate

録音: 14-19 January 2008, Aristotle University Hall, Thessaloniki, Greece
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/293523
**:**
»  I. Mattutino: Vivace e arioso
1.

-

**:**
»  II. Notturno: Largo
2.

-

**:**
»  III. Gagliarda e Finale: Allegro vigoroso
3.

-

 
**:**
ソフォクレスの「オイディプス王」への3つの交響的前奏曲

Per l'Edipo re di Sofocle

録音: 14-19 January 2008, Aristotle University Hall, Thessaloniki, Greece
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/293524
**:**
»  No. 1. Largo
4.

-

**:**
»  No. 2. Con impeto, ma non troppo mosso
5.

-

**:**
»  No. 3. Con molta espressione di dolore
6.

-

 
**:**
悲劇「クリテムネストラ」 - 前奏曲 モルト・ラルゴ
7.

Clitennestra: Prelude: Molto largo

録音: 08-13 October 2008, Aristotle University Hall, Thessaloniki, Greece
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/293525
 
**:**
管弦楽のための3部作「パンアテネの祭り」

La festa delle Panatenee

録音: 08-13 October 2008, Aristotle University Hall, Thessaloniki, Greece
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/293526
**:**
»  I. Preludio: Molto largo
8.

-

**:**
»  II. Danza di Offerta del Peplo a Pallade Atena
9.

-

**:**
»  III. Marcia del Corteo: Andante sostenuto
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1968年4月(ピッツェッティの死から2か月後)、音楽学者ウォーターハウスは「カセッラおよびマリピエーロと並ぶイタリア現代作曲家であるピッツェッティ」に対する讃美の文章を発表しました。彼は1940年代にはファシズム政権と親しかったり、「皇紀2600年奉祝曲」(交響曲イ調)を作曲したりとユニークな経歴の持ち主でもあります。このアルバムには、彼の40年に及ぶ創作活動から生まれた珠玉の作品の中から世界初録音を含む4曲を収録しています。バロックの形式を踏襲した「夏の協奏曲」、初期の作品の中でもきわめて独創的な「交響的前奏曲」、他晩年の作品まで、現在決して人気が高いとは言えないピッツェッティの作品の偉大なる片鱗が明らかになることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。