ホーム > アルバム > 8.572031 ペンデレツキ:ウトレンニャ(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

※現在表示されているトラックは、期間限定で、30秒の試聴制限が解除されています。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572031
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , ピョートル・クシェヴィチ Piotr Kusiewicz , ピオトル・ノヴァツキ Piotr Nowacki , ゲンナジー・ベズベンコフ Gennady Bezzubenkov , イヴォナ・ホッサ Iwona Hossa , アグニエツカ・レーリス Agnieszka Rehlis , ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団 Warsaw Philharmonic Choir , ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 Warsaw Philharmonic Orchestra , ワルシャワ少年合唱団 Warsaw Boys Choir

ペンデレツキ:ウトレンニャ(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

PENDERECKI, K.: Utrenja (Warsaw Philharmonic, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572031

全トラック選択/解除

クシシュトフ・ペンデレツキ - Krzysztof Penderecki (1933-)

**:**
ウトレンニャ - 第1部 キリストの埋葬

Utrenja, Part I, "The Entombment of Christ"

録音: 24-27, 30 September, 3-4 December 2007, Warsaw Philharmonic Hall
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/271565
**:**
»  I. トロパリ
1.

-

I. Troparion

**:**
»  II. 賛美の歌
2.

-

II. Songs of Praise

**:**
»  III. イルモス
3.

-

III. Irmos

**:**
»  IV. 聖土曜日のカノン
4.

-

IV. Canon of the Holy Saturday, Song 9

**:**
»  V. イルモロギオン
5.

-

V. Irmologion (Stichira)

 
**:**
ウトレンニャ - 第2部 キリストの復活

Utrenja, Part II, "The Resurrection of Christ"

録音: 24-27, 30 September, 3-4 December 2007, Warsaw Philharmonic Hall
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/271566
**:**
»  I. 福音(ゴスペル)
6.

-

I. The Gospel

**:**
»  II. スティヒラ
7.

-

II. Stichira

**:**
»  III. トロパリの詩篇
8.

-

III. Psalm with Troparion

**:**
»  IV. 過越の祭りのカノン
9.

-

IV. Passover Canon, Songs 1 and 3

**:**
»  V. 過越の祭りのカノン
10.

-

V. Passover Canon, Song 8

**:**
»  VI. コンダク
11.

-

VI. Kontakion

**:**
»  VII. イコス
12.

-

VII. Ikos

**:**
»  VIII. 過越の祭りのカノン、断章
13.

-

VIII. Passover Canon, fragments

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1962年に発表された「スターバト・マーテル」、そして1963年の「ルカ受難曲」に連なるペンデレツキの宗教的合唱作品である「ウトレーニャ」の登場です。始めてこの曲を聴いた人は、地の底から響くような合唱に身震いすることでしょう。しかし用いられた詩は、ロシア正教の早朝礼拝の典礼文だというから驚きです(この曲を朝から聴くのは少々勇気がいることでしょう)。第1部(名指揮者オーマンディに捧げられた)でキリストの埋葬を描き、第2部ではその復活を描いています。衝撃的な大音量に圧倒される部分も多いのですが、根底を貫いているのは静かな神への祈り。聴き終わった時の脱力感がたまりません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。